30代が人生の分岐点!人生の岐路に立っているあなたが今すぐにやるべきこと・やめなければならないこと、教えます!

こんにちは!こんばんは!!おはようございます!!! 

  

CrazyStoriesマーケティング事業部の宮岡です。 

 

この記事を読みに来た30代のあなたに質問です。 

 

「30代の生き方、そのままでも本当に大丈夫ですか?」 

 

30代というのは、今後の生き方を決める重要な時期です。 

 

30代の生き方は、そのままその後の人生に大きく影響してくると言って良いでしょう。 

 

それは何故か? 

 

多くの人は、自分自身の何かを「変える」ことに精神的にも肉体的にも消耗する為、歳を取れば取るほど、何かを変えるのが難しくなってくるからです 

 

只でさえ大変なのに、40代になってより体力や精神的に制限を受けている状態で自身を変えていくのはさらに難しくなってくることが容易に想像できると思います 

 

「楽しかった」20代の頃と同じように、特に何も考えず、仕事が忙しいなどを理由に、 

 

「気がついたら40代になっていた」 

 

というような人には、自分自身を変えていくのは非常に難しいと思います。 

 

「自分の周りの30代が何をしているのか、よく見てみてください」 

 

周りを見れば、起業や転職をする人、今の勤め先で管理職を目指す人、結婚をするのか・しないのかを選択する人や、肉体的な時限を考慮して子供をつくる・つくらない等、仕事以外でも様々な決断や今までにない「一歩」を踏み出そうとしている人が沢山いるはずです。 

 

そこで今回は、人生の岐路に立たったあなたに、今後の人生を良いものにする為に今すぐにでもやるべき事、またやめるべきことをお話していきます。 

 

楽しかった20代が終わり、30代という人生の分岐点を迎えた方、その分岐点で迷っている方は是非最後までお付き合いください 

 

目次

30代のあなたが今後の人生の為に今すぐやるべき・やめるべきこと3選 

自分自身の行動や考えに軸を用意する

 

一つ目が一番大切なことです。 

 

要は、自分の価値観を確立して欲しいということです 

 

30代にもなれば、世の中には色んな人、様々な考えや価値観であふれており、それと向き合って生きていかなくてはならないことを体感で理解しているはずです。 

 

20代であれば、人によってはいろいろな考えや価値観に触れる中で、自分自身の意思がぶれてしまうこともあるかもしれません。 

 

他人の考えで自分の考えがぶれる又は、逆に自分の考えで他人を振り回していいのは20代までです。 

 

例えばですが、転職を考えたとして、自分の両親やそれこそ上司から以下のような話をされます。

 

30代での転職は危険すぎる 

 

これを聞いて、 

 

じゃあ転職するのを諦めます」 

 

ではだめなのです。 

 

これでは単に、人の意見を鵜呑みにしているだけです。 

 

この話は決して、転職自体を勧めているわけではなく、あくまで一意見として検討の材料にするだけで、最後は自分で自分の考えで決断しなくてはなりません 

 

もう一つ例を出すと、 

 

「みんなが~しているから自分もしたい 

 

というように、他人の考えや価値観だけで物事を判断してしまうと、必ず後悔します。 

 

自分の考えより、集団の意思に軸を置いているのですから当然だと思います。 

 

そうではなく、自分自身の考えと照らし合わせた時に、どう判断するのかが大事なのです。 

 

意思決定に後悔しているときには、年齢的にももう後戻りができない状態になっていることでしょう。 

 

優先すべきことに時間を有効活用する 

歳を取ると、当然ですが体力が落ちてきます。

 

20代のころのように、無限に時間を使って何かをするといった、体力任せな時間の使い方ができなくなってきます。

 

また、自分自身が歳を取るということは、自分の親も年を取ります。

 

厚生労働省の人口動態統計(確定数)の概況によると、30歳~34歳で子供を産む家庭が一番多いことがわかります。

 

つまり、あなたが30代になった際には、60歳を超えている可能性があります。

 

そうなると、いつ体調を崩すかもわかりません。

 

もしかすると介護が必要になるかもしれません。

 

もしくは、あなたに子供がいれば、育児や家事で時間を使わなければならないと思います。

 

歳を取ると、様々な要因で自分自身の時間を取るのが難しくなってきます。

 

つまり、無駄な時間を過ごしている暇なんてなくなってくるのです。

 

時間を有効活用することを常に意識しなければ、必要最低限のことに時間を割くだけであっという間に40代です。

 

今やっていることが、自分にとって本当に必要なことなのかを常に意識しましょう。

 

例えば、自分にとって副業が大事なのであれば、会社で飲み会に誘われても断る、もしくはせめて一次会だけにするなど、自分にとって必要な方に時間を割くという取捨選択を行いましょう。

 

この話をすると飲み会に参加しないと円滑なコミュニケーションが取れないと、令和になっても必ずと言っていいほど言われます。

 

冷静になればわかりますが、そもそもお酒が入らないとコミュニケーションが取れない、仕事が進まないという環境そのものがおかしいのです。

 

そんな環境に染まるより、副業が大事なら、その副業で結果を出すために集中する、家族が大切なら家族と過ごす時間を増やす方がよほど優位性が高いでしょう。

 

ここまでの話で分かるように、30代になると自分にとって今何が本当に必要で、不必要なのかを整理する絶好の機会です

 

起業・副業を始める

Instagram アカウント プロフィール

30代はライフプランによっては、結婚や出産、病気やケガといったものまで20代に比べてお金が必要になります。

 

それが、40代、50代と増えていくにつれてより一層必要になってきます。

 

楽しかった20代と違い、将来を見据えた行動が必要になってくるのです。

 

お金を稼ぐことはとても大変なことです。

 

それを40代になってから新たに始めるには、体力的にも精神的にも相当なハードルがあります。

 

新しいことに挑戦できるのは、若いうちの特権です。

 

また、副業に挑戦することで自分自身の新たな可能性を発見できるかもしれません。

 

サラリーマンが“今すぐ”起業するべき、見失いがちな本質的な理由3つ!国は言っている「立てよ国民!」と…

 

この記事でも紹介されているのですが、国からも収入のアップはもちろん、自分の未来のためのキャリアアップを副業を通して行うことを推奨されています。

 

後から、「あの時始めていればよかった・・・」とならないように、早いうちに取捨選択しましょう!

 

体力や気合で乗り切るのをやめる

起業 生存率

何度もお話ししますが、30代になると体力や精神力が徐々に衰え始めています。

 

20代の時に勢いや気合に任せて何とかしていたことも、だんだん通用しなくなってきます。

 

30代に求められているのは、その20代で得た経験や知識、技術を活かして対応することです。

 

ダンクシュートで観客を沸かせていたあのマイケル・ジョーダンも、二度目の現役復帰のときには、地味ではありましたが、堅実で丁寧な職人的プレイでチームを支えるといった、年齢に合わせた別の形で貢献していたのです。

 

これは、スポーツに限った話ではなく、例えば仕事でも若いうちは資料の作成方法を覚えて、ある程度の年齢になったら、その資料から何を読み取れるのか、何が見えるのかといった専門的な仕事にシフトしていきますよね?

 

30代では、その後の人生に必要な専門的な能力を磨いていく段階なのです。

 

やらなかった言い訳をやめる

先ほど、優先すべきことに時間を割くことに集中すべきであるというお話をしました。

 

ただ、急には難しいと思いますが、その際に「~のせいで出来なかった」というのはやめましょう。

 

30代には無駄にできる時間が少ないです。

 

貴重な時間を、やらなかった言い訳に使うほど暇はないはずです。

 

家族と出かける約束をしていたけど、急に仕事が入ったからいけなくなった。

 

副業をしたいが、本業が忙しくて作業が進められなかった。

 

もちろん、こういった事情で出来ないこともあるかとは思いますが、言い訳をしたところで何も得るものがありません

 

やらない理由なんていくらでも出てきます。

 

そんな言い訳に時間を使うくらいなら、次どうするのかを考え、それを実行に移すべきです。

 

オンとオフの切り替えをやめる

日頃は仕事に精を出して、休日はがっつり楽しもうというのが一般的な仕事に対する考え方ですが、この考えにある前提は、「オンである仕事が楽しくないもの」ということなのです。

 

多くの社会人が、好きなことを生業としているわけではないので、仕事が楽しいわけないだろうと言われそうですが、その状態を40代、50代と続けていくのは、充実した人生だと言えるのでしょうか。

 

もちろん、下積みのための20代は経験を積むためにある程度の我慢は必要なのだと思います。

 

しかし、ある程度経験を積んだ30代からは、「仕事もプライベートも充実させる」というスタイルにシフトしなければなりません。

 

単純に考えてみてください。

 

楽しいことをしている時と、楽しくないことをしている時、どちらの方が良い結果につながると思いますか?

 

考えるまでもないですよね!

 

充実させる方法は何でもよいのです。

 

今の仕事にやりがいを見出すでもよいですし、本職でそんなことはできないという方は、先ほどやるべきだとおすすめした副業に挑戦して、その中でやりがいを見つけて生きていく、でもよいと思います。

 

もし、始めるべき副業が思いつかなければ、スマホがあれば誰でも始めることのできる副業をまとめたこちらのスマホ一台で成り上がれ!誰でも簡単に始められる、成り上がる為の5つの副業!そして起業へ…という記事を参考にしてみてください。

 

自分にとって最適なライフスタイルを模索しましょう!

 

まとめ

 

ここまでいかがでしたでしょうか。

 

30代は、やらなければならないこと、考えなければならないことが増える一方、自身の体力が落ちて行動できる時間が20代に比べて少なくなり、以下に効率的に時間を有効活用できるのかが大切になってくるというお話をさせていただきました。

 

今行動できていない30代の皆さんは、焦った方が良いです。

 

迷っている時間があるなら今すぐにでも、ここで読んだことを実行に移してください。

 

その行動が、未来のあなたの豊かな未来につながっています。

 

ここまで自分を変えていくのは、30代が分岐点だとお話してきましたが、ここクレイジーストーリーズでは20代の若い人たちが自分自身の人生を良くしてやろう・やりたいことをやって生きていこうと死に物狂いで努力し続けています

 

クレイジーストーリーズ(通称:CrazyStories)とは、何の商品も持たない0の状態から起業家を育てる、起業に必要なものすべてが得られる場所をコンセプトに活動する起業家集団のコミュニティです。

 

もし、あなたがこのままではよくない、でも具体的に何をしたら良いのか分からないけど自分自身を変えたい、そう思っているなら、CrazyStoriesで一緒に頑張ってみませんか? 

 

この記事が、あなたが「一歩」を踏み出すきっかけになれば幸いです。 

 

是非!一緒に一歩を踏み出し、そのまま駆け抜けていけるように頑張りましょう!! 

 

CrazyStoriesマーケティング事業部 宮岡でした。 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

IMマーケティング事業部所属

普段は、会社員として経理の仕事をしつつ、物販やダウンロードサイトにて自身の作ったコンテンツを販売する活動をしながら自身の力で稼いで生きていくために日々邁進中です!

コメント

コメントする

目次
閉じる