起業するなら4つの働き方【ESBI】を理解しよう!

CrazyStoriesマーケティング事業部の田川龍也です。

あなたはESBIと言う言葉をご存知ですか?ESBIとは、4つの働き方を表したものです。

  • E:employee(従業員)
  • S:self employee(自営業者)
  • B:business owner(ビジネスオーナー)
  • I:investor(投資家)

世の中に存在するすべての収入を得る方法は、この4つの働き方に必ず当てはまります。会社に勤めている人、会社を経営している人、不動産を持っている人等、どんな人でも必ずこの4つのどこかに属しており、あなたがお金を稼げるか稼げないかはESBIのどこに属しているかで決まります。

「これから起業したい!」「ダブルワークで副業をしてみたい」など、これから自分の好きな生き方を目指していくあなたは、いまESBIのどこに属しているかわかりますか?自分の好きなことでお金を生み出していくためには、ESBIについて詳しく理解する必要があります。

今回は、ESBIという4つの働き方の特徴についてお話ししていきます。

 

目次

まずは世の中のお金の流れを知ろう!

ESBIを知るためには、まず世の中のお金の流れを知りましょう。私たちが頑張って会社で働くと、対価として給料を受け取ります。そのお給料の中からお店で欲しい商品を購入すると、お金を支払います。私たちが商品を買って支払ったお金は、お店の売上となり、政府へ税金として支払われたり、金融機関に預けられたり、誰かのお給料として支払われています。

『金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキ氏が考案した成功哲学に、「キャッシュフロークワドラント」という考え方があります。キャッシュフロークワドラントとは、お金の流れを4分割したものという意味です。この4つに分類されたお金を手に入れる方法をESBIというのです。

ここからは、ESBIの4つの働き方について、それぞれメリットやデメリットを解説します。

 

Employee(従業員)の特徴

Employeeとは、会社などに雇われて給料を得る働き方のモデルの人のことをいいます。大手企業や中小零細までどこかの会社に雇われて給料を得ている人やアルバイト・フリーターは全員Eに属しています。

【メリット】

  • 毎月一定の給料がある
  • お金、税金のことは会社がやってくれる
  • 社会的信用が高いため、クレジットカードが作りやすく、ローンも通りやすい

【デメリット】

  • 自分の時間を対価に働いているため、自由な時間が少ない。
  • 自分の労働力を対価しているため収入に限界がある
  • 人生の主導権が自分ではなく会社にある
  • 会社が倒産したら仕事がなくなる

雇われて働く従業員は、労働力を会社に提供する対価として、会社から収入を得ています。いかに自分の時給(月給)を上げるかと、どれだけ労働時間を提供するかで収入を増やすことができます。また、会社に守られている一面もあるので、もし仕事で失敗や損失を出しても毎月一定の給料を手に入れることができます。

しかし、時間を切り売りしているため、自分の自由な時間は少なくなります。一定のポジションまで行けばそれ以上収入が上がることはなく、収入の上限が来るのも早いです。また、物事の決定権は会社が持っており、思わぬ異動やリストラにも甘んじて受け入れなければなりません。

 

Self employee(自営業)の特徴

Self mployeeとは、会社に雇われて働くのではなく、個人でサービスを提供し収入を得ているような働き方をする人です。農家、美容師、フリーランスなどがSに当てはまります。

【メリット】

  • 人生の主導権が自分にある
  • 自分の好きなことや能力を活かすことができる
  • 働く時間を自由に選べる

【デメリット】

  • 自分の時間を対価に働いているため、自由な時間が少ない。
  • 自分の労働力を対価にしているため収入に限界がある
  • 収入が不安定だとクレジットカードやローンの審査が通らないことがある
  • お金や税金に関することは全部自分でやらなきゃいけない

個人でサービスを提供している自営業者は、自分の労働力を対価として、お客さんから収入を得ています。従業員と同じ労働集約型ではありますが、そのスキルやサービス力を買われているため、単純な労働力ではなくサービスの質を提供しています。そのため時給は従業員よりも高い傾向にあり、ビジネスのやり方は自分で決めることができます。

しかし、仕事と自由な時間の境界が曖昧であり、プライベートな時間は少ないです。働いた分だけ時間の限り収入は増えていくので、時間単価を上げることが課題となるでしょう。

 

Business owner(ビジネスオーナー)の特徴

Business ownerとは、自分のビジネスを所有する人のことを言います。例えばコンビニや飲食店のオーナー、会社経営者等、基本的に自分は現場にいなくても成り立つようなビジネスの権利を持っている働き方のモデルの人たちのことを言います。

【メリット】

  • 自由な時間がある
  • 権利収入がある
  • 人生の主導権が自分にある

【デメリット】

  • 仕組みをしっかり作り上げないと利益が出る保証がない
  • お金や税金に関することは全部自分でやらなきゃいけない

ビジネスオーナーは自分が現場で働かなくても、自動的に収入が入ってくる仕組みができています。とはいえ、経営者として会社経営に取り掛かるのは必須であり、会社で発生したリスクを全面的に負う責任が伴います。ESBIでは「自由な働き方」として紹介されていますが、責任を負う覚悟ができない人、経営手腕のない人にはまったく向いていません。

Investor(投資家)の特徴

投資といっても様々な投資があり、株、不動産、為替、債券、商品等に投資をすることで収入を得る人のことをいいます。また、近年日本でも企業投資家が増えており、シリコンバレーで行われているようなベンチャー企業への出資も注目されています。お金を使うことで自分以外のあらゆるものを動かし収入を得る働き方の人たちのことを言います。

【メリット】

  • 自由な時間がある
  • 権利収入がある
  • 人生の主導権が自分にある

【デメリット】

  • 元本保証がないものがほとんど
  • 最初は勉強が必要なため楽に稼げない
  • お金や税金に関することは全部自分でやらなきゃいけない

ベンチャー企業やビジネスへ投資することで、そのビジネスに対して権利が発生します。投資資本を元手にそのビジネスが成長すれば、配当金が投資家に手渡されます。もしビジネスが失敗すれば収入は無くなるため、株や不動産投資と仕組みは同じです。

基本的にはお金を出資するだけなので、労働は必要なく自動的に収入が入ってきます。時間に縛られることがないため、プライベートな時間がESBのどれよりも充実しています。

「今のままじゃダメだと思うけど何から始めたらいいか分からない」

「興味あることが沢山あって、迷ってしまう」

りたいことが見つからない方
何かやりたいけど見つからない方へ。

Crazy Storiesはあなたが史上最高の自分になれるお手伝いをする環境です。
15以上のコースが受講し放題で、今の時代に求められるスキル形成や、自分らしい働き方を実現するための次世代型キャリアアップを実現しませんか?

オンライン、オフライン開催の参加費無料体験会を実施中です。
Crazy Storiesの活用法や人気講座の講義体験などを実施しておりますので、あなたの活動にお役立てください。

無料体験を申込む

労働収入と権利収入を理解しよう

ESBIの収入型には決定的な違いがあります。ESが労働収入に対し、BIが権利収入です。

 

労働収入型

労働集約型のEmployeeとSelfemployeeは、本人がプレイヤーとして働きます。時間と労働力を対価としてお金を稼ぐため、時間がなくなる上に収入は働いた分しか貰えません。また、本人が体調を崩して倒れた瞬間に収入が0になるリスクがあります。

 

権利収入型

権利収入型のBusinessownerとInvestorは、本人がプレイヤーとして働くのではなく、他人の力を活用してお金を稼ぎます。もちろん仕組みを構築するためにはお金と時間がかかりますが、仕組みさえできあがれば時間と労働力はかからずに収入が入ってくるようになります。

全体の労働人口の内約95%の人達が労働収入で生計を立てていて、残りの5%程の人達が権利収入で生計を立てていると言われています。安定した収入を得つつ、めんどくさいことは会社に任せていきたいという人は労働収入型で生きればいいですが、もし莫大な収入を得た上で自由な時間を手に入れたいなら権利収入型を目指していくのがいいと思います。

 

E→S→B→Iこの順番を守ることが重要!

あなたがこれから起業家として生きていく先に投資家になることも視野に入れて考えているようでしたら、E→S→B→Iこの順番を守ることが非常に重要になってきます。

E→S

まずはEとして会社で雇われながらも自分でビジネスを持ちましょう。会社員をしながらそのビジネス一本でも生活できるくらい稼げるようになったら、Sの自営業者として独立してもいいですね。安定した収入の目処が立ってないのに自分のビジネスに集中するためといって今働いている会社を辞めるのはオススメできません。

S→B

Sとして働き、あなたのビジネスで稼ぐことができるようになってきたら、次はノウハウを継承していくことを意識しましょう。ビジネスオーナーは自分自身が働かなくても自動的に売上を出す仕組みをつくる必要があります。そこであなたのノウハウを継承し、その継承した人にどんどん仕事を任せられるといいですね。

  • EとSは自分自身が働き続けることにより収入を得るサラリーマン思考
  • BとIは多馬力を活用して収入を得るオーナー思考

オーナー思考を目指すならあなたがやらなくてもいい仕事を勇気を出して任せるといいですね。

B→I

Bとして働き、資金が増えてきたらそこで初めて投資を意識するといいでしょう。投資家である与沢翼氏が言った「お金には休むことなく働いてもらう」から、お金は投資にとって従業員のような存在です。そのためには圧倒的な資金が必要になりますので焦らずE→S→B→Iの順番で働き方を変えていきましょう。

多くの人がやりがちなことですが、E→Iへ資金もないのにいきなり投資フェーズへ行って失敗します。これは稼げない人、上手くいってない人がギャンブルとしてやりがちですね。生活費を切り詰めたり借金してまで投資をしようなんて絶対にやってはいけません。もしEの働き方の人が投資をするなら生活にゆとりがありお金が余っている人だけにしてください。

 

まとめ

今回のブログを読んでどう思いましたか?ESBIについて理解し、これからの働き方の参考になりましたでしょうか?EBIどの働き方が正解か不正解かはありませんが、今回のブログであなたがこれからどのような働き方をしていきたいか気づくことのできるきっかけを与えられたらなと思います。

あなたの理想の働き方はESBIどこにありますか?ここまで読んでいただきありがとうございます!

CrazyStoriesではあなたならではのビジネスを創りあげるお手伝いをさせていただいております。最高な仲間達がなんでも相談を承っておりますので気軽にお問い合わせください。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる