成功者は朝の習慣が違う?!より良い1日を過ごすには

こんにちは( ^ω^ )

 

CrazyStories生の皆様いかがお過ごしでしょうか^ ^

今回は、”朝活”についてかいていきたいと思います!

 

1日の始まりは、その後の1日の流れに大きな影響を与えることがあります。

朝の習慣を贅沢なものとしてみる人は多いけど、優秀な人は自分の習慣にきちんと気を配っています。

 

朝はギリギリまで寝てたい〜、など聞こえて聞こえてきそうですが笑、

起業家を目指していく時には生活習慣が大事になっていくと思います。

そんな中で、1日の始まりにどんなことをすれば1日を快適に、将来の目標に近づける日々を過ごせるのか。

毎日の朝の習慣でこれからが変わると言っても過言ではない!!!!

今から紹介する習慣を試してみてください^^

 

 

目次

目標とやることリストを確認する

 

その日に何を達成したいかに焦点を当てよう。

このステップを踏まなければ、他の多くの人の優先事項に時間を費やしてしまうことになる。

やるべきことは自分で管理し、自分にとって重要なことややりたいことに焦点を当てよう。

というのも、一番生産性が高いのが朝だからこそです。第二に仕事の効率を高めるためには朝の行動が肝!

邪魔が入ったり、計画を立てていなかったりすると、生産性が下がってしまいます。

 

読書をする

 

リーダーは読書をするもの!

ユーチューブは素晴らしいツールだし、オーディオブックやポッドキャストは非常に価値が高く効率的に情報を得られますが、

読書には知識や情報を得る以外にも多くの効果があります。

「目標達成における勝率」を高めるためには「言語性知識」と「非言語性知識」を鍛えることが必要です。

そして、「言語性知識」を高める手段の一つが読書なのだそう。

 

運動をする

 

起業成功者が朝に行なう習慣の中で、特に人気があるものが運動!!

ジムに行ったり自転車に乗ったり、ランニングやウオーキングをしたりする人は多です。

外に出るということは、新鮮な空気も吸えますし、やることから一旦離れて処理を取ることができます。

10分でもやってみるとその日の生産性に変化が出てきたりします。

 

ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士によると、運動を行なうことにより、

脳の神経細胞の働きを促す「BDNF(脳由来神経栄養因子)」の分泌が増加するのだそうです。

さらには、ドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリンといった、

思考や感情に関わる神経伝達物質の分泌も促進されるとのこと。運動が脳機能を向上させてくれるのです。

ちなみに、医師の秋津壽男氏は、同じ運動でも、早朝はランニングよりウォーキングを推奨しています。

朝にランニングをすると、血圧が上昇して心臓に負担がかかり、健康面でのリスクが高くなってしまうのだそう。

軽く心拍数を上げる程度のウォーキングのほうが、まだ身体が目覚めきっていない早朝の運動にはふさわしいのです。

メモを取る

 

成功者の習慣としては、頭に浮かんだ思考や感情をそのままにせず、紙に書き出すということもおすすめです。

 

メモの習慣を重視する理由

1.感じることも習慣になるから

2.人間は忘れやすい生き物だから

 

メモ帳には、み出した情報だけでなく、情報を受けて自分が感じたこと、想像したことも書き込みます。

 

CrazyStoriesでも大切とされている「気づき+情報」をすぐにメモする習慣をつけると、大事な情報を忘れず、有効活用することができます。

それだけでなく、目の前を流れていく情報を「ふ〜ん」と見送ってしまわず、情報の意味や背景・活用法を自分で判断できる能力も身につくのです。

メモを取った紙ではなく、メモを取る行為自体が大事だということです。

そのままでは流れていってしまう情報も、書き留めるという動作を経ることで、記憶の隅に残すことができます。

そして、蓄積された情報や気づきが、あるとき突然つながり、「ひらめき」を生み出すというわけです。

 

皆さんも、少しでも疑問に思ったことや、ふと浮かんだアイディアを、すぐにメモする習慣を身につけましょう。

メモ帳アプリケーションを利用するのも手ですが、おすすめは、メモ用紙にペンで手書きすることが大事です。

 

瞑想

 

マインドフルネスや呼吸法、瞑想、朝に日記をつけることなどの習慣は、高い成績を収める人の間でよく見られるものです。

ペースが遅過ぎて自分のライフスタイルに合わないと感じる人もいるかもしれないけど、

集中力を保つ上で効果的な方法の一つであります。

また、1日5分程度からでも続けていくと、次第に自分の感情や思考のクセが見えてくるようになり、気を楽になる効果があるそう。

長く続けていくことで心安らかに幸せに生きる知恵が生まれてくるとされています。

 

ヨガ

 

検討にいいと言われているヨガ!

最近では男女とわずになってきましたね^^

ヨガを身につけるとこんないいことがあります。

1、集中力がつきます。短時間ですぐに集中できるようになる。

2、朝自然に目が覚めるようになります。寝起きのだるさが残らず、すっきりとして朝一から前向きな気持ちで活動的に動けるようになる。朝のだらだらする時間がなくなる。

3、午前中が充実します。2の理由からシャキシャキと動けるので、良いスタートダッシュができ、1日がとても充実します。

 

携帯電話をチェック

 

起業家の中には、オンラインの世界に飛び込むことを生きがいとする人もいます。

起業家は朝起きたらすぐにニュースを確認し、ソーシャルメディアのメッセージに返信したり。

時間がある朝だからこそできることですね。

 

好きな人、大切な人とご飯を食べる

 

熱心に働く起業家にとって、家族とゆっくり朝食を取るのは難しいことかもしれない。

夕食時に帰宅して家族と充実した時間を過ごすことは、さらに難しい場合もある。

しかし少なくとも、周りの人とご飯を取ることを習慣とすることはできますよね。

この習慣を実践すれば、前向きな雰囲気で1日を始めることができ、その日にすべき重要なことを確実に達成用になります。

 

NG習慣7選

・朝起きてしばらくボーッとする
・前日に「すぐ行動するためのトリガー」を用意しておかないのはNG通勤中、スマホゲームなどに夢中になる
・デスク周辺を散らかったまま放置する
・ランチタイムを「義務的に」仲間と過ごす
・夜の時間をネットやSNSに費やす

・週末に思いきり寝だめをする

 

まとめ

朝の習慣は、優秀な起業家とその他を明確に分ける要素です。こうした習慣に時間を投資すること。

ただし自分や自分の個性に合った適切な習慣の組み合わせを見つけることが重要だと言われています。

午前4時に起きたり、ベンチプレスをしたり、フェイスブックユーザーになったりしなくても成功を収めることはできます。

それより重要なのは朝の習慣が自分に合っていること。さまざまなものを試し、効果的な習慣を見つけましょう。

 

また、私たち人間の身体の中には、サーカディアンリズムリズムとも呼ばれる体内時計が生まれながらにして備わっています。

「朝は日の出と共に起き、日が沈み暗くなると眠る」という、原始時代から現在に至るまで哺乳類が繰り返してきた習慣からつくられたのがサーカディアンリズム。

身体の各機能は、このリズムに合わせて働くようになっているのだそうです。

この生活リズムを無視した夜型の生活や不規則な生活が続くと、身体に様々な不調があらわれます。

サーカディアンリズムを意識した規則正しい生活で自律神経が整えられることも、朝活を習慣にするメリットのひとつだと言えるでしょう。

生活リズムを整えることで体調が良くなり前向きな気持ちになれたりと、精神的にも安定した状態で1日をスタートさせることが出来ます。

長らく夜型で生活してきた方も、朝活をやってみないことには良いも悪いも分かりません。

この機会に、早起きと朝の良い習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる