ECで起業するならこれだ!!絶対の方法とは?

皆さん、こんにちは こんばんは お疲れ様です!

 

皆さんは普段、生活品や食料品、ブランド品などの商品をネットで購入されますか?

 

おそらくコロナ禍の影響もあってか、わざわざ商品を買いに行くよりもEC (ネット) で注文をするほうが楽なので多くの方がよく使われているかと思います。

 

つまりこれからもネットの文化が続くため、もしかしたら大きく稼げるチャンスがあるということです!

 

 

実際、このEC(ネット)で成功された方を紹介するとyoutuberのヒカル、朝倉未来さんそれぞれアパレル事業や実業家の青汁王子・三崎優太さんの青汁もネット販売で成功されています

 

具体的にどれくらい稼げているか下のURLの動画にまとめられているのでもし興味があれば見てみてください!

 

 

 

ですがここまで読んだ方は思ったはずです。

 

「全員有名人だから成功したんだろ?」

 

「そりゃSNSのフォロワーが数百万人もいたらネットで商品なんか売るの簡単じゃん。成功するにきまってるよ。」

 

「まだ何かで成功をしたことがなくてお金のない人間には無理だわ」

 

 

そんな風に思った方には特に読んでいただきたいです!

 

なぜならEC(ネット)で起業をすることが最も初めて起業をする人にはお勧めだからです。

 

 

またもちろん発信力が大きければうまくいきやすいですが、今回はSNSのフォロワーが1万人以下の発信力でもEC(ネット)で稼ぐ方法についてをお話ししようかと思います。

 

 

これからネットで起業をしようという方やまだ起業をしたことがなく挑戦しようか迷っておられる方は特に必見です!

 

 

目次

ECとは

まずECとは何のことで、実店舗のショップと比較してどんなメリット・デメリットがあるのかについてお話ししようかと思います。

 

ECとはElectric Commerceの略で訳は電子商取引という名がついております。

 

具体的にわかりやすく説明するとネットで商品を売るためのお店を構えるというイメージです。

 

ただお店といっても大きく分けて種類が2つあります。

 

それはモール型のお店(ECサイト)と個人のお店(ECサイト)の2つです!

 

違いは簡単でショッピングモールのようなお店がたくさん構えられている場所の中でお店を構えるか、自分一人でお店を構えるかの違いです。

 

具体的にモール型のお店(ECサイト)とはメルカリやAmazon、ヤフオクなど無数の閲覧者とどんなものでも売っているお店(ECサイト)のことで、

 

個人のお店(ECサイト)とはなどでBASEやShopifyで自分のお店を構えます!

 

 

それぞれメリットデメリットがあるのですがここでは割愛させてください。

 

メリット・デメリットについてまとめられている動画を下に貼っておきますので良ければがご確認ください!

 

 

そして実店舗と比べてのメリットは店を構える金額を安く済ませることが出来ることです。

 

考えたら当たり前の話でEC(ネット)では家賃はもちろん、人件費も抑えることができます

 

そしてデメリットはなかなか集客することが難しいことです。

 

実店舗は立地にもよりますがある程度人が来てくれる可能性が高いのに対して、EC(ネット)では見てもらえないことがしばしばあります。

 

 

ではそんなEC(ネット)で具体的に起業をする方法についてお話ししようかと思います!

 

 

EC(ネット)で起業をするには

1.販売する商品を決める

もちろん当たり前ですが、売る商品を決めない限り起業は難しいです。

 

そしてどんな商品を販売していくのかによってするべきことも変わってきますのでここが最初にして最重要です!

 

売れやすい商品を売っていくのか、自分が好きで長く続けられそうなものを売っていくのかを選ぶことが重要です。

 

 

例えば時計や財布、バッグなどの比較的に売れやすいブランド商品を売っていくのか、自身の知識やスキル、経験などの売れるかわからないですが楽しさを感じるものを売っていくのかということです!

 

 

ちなみに自分のスキルや経験を売るモール型のEC(ネット)も存在しており、それを紹介したいと思います。

 

そのECはnoteやブレインという名のプラットフォームです!

 

詳しい説明は動画を貼っておきますので良ければ見てみてください!

 

2.ペルソナを決める

ペルソナを決めるとは具体的にどんな人に買ってもらいたいかを決めることです。

 

 

なぜならこのペルソナを決めずに起業をすると必ず失敗するからです。

 

本当にこのペルソナを決めずに起業をして、なかなか売り上げが立たなくて潰れることが良くあります。

 

 

それほどペルソナは重要なことなので必ずどんな事業をするにしても先にしっかりと決めましょう!

 

 

では具体的にペルソナを決めるとはどのようなことかというと、売りたい相手の特徴を具体的に決め込みます!

 

 

例えば、大学生向けにパソコンを売るにしても、女子大学生向けなのか男子大学生向けなのか、1回、2回の学生向けなのか就活し始める3回、4回生向けなのかによってするべきことや伝えるべきことは変わってきますよね?

 

このように具体的に誰に何を売りたいのかによって行うべきことが変わってくるのでペルソナを決めることは非常に大切です。

 

 

3.集客法を決める

オンライン

次に集客法を決めます。

 

ここで先ほど決めたペルソナが大切になってきます。

 

例えばパソコンを主婦に売るのであればチラシのほうが見てもらえると思いますし、大学生に売るのであればやはりInstagramやTikTokを使って集客を確保していくほうが得策です。

 

そしてどのように集客していくかによってはじめて今回の本題である個人型ECで売るかモール型ECで売るかが決まると思います!

 

正直、集客に自信がないのであればモール型EC(メルカリ、ヤフオク、Amazonなど)を使った方が良いですが集客に自信があるのであれば個人型ECで売った方がいいです。

 

とにかく商品を購入していただきたいお客様がよく見るものを使って集客することを意識してください!

 

4.PDCAを回して努力し続ける

community

PDCAとはPlan、Do、Check、Actionの略で、簡単に言うと修正していくことです

 

どんなことも最初はうまくいかなかったりすると思いますが、PDCA(修正)をしないと何も成果は変わらないですよね?

 

そんな修正を加えることをビジネス的にはPDCAを回すといいます。

 

 

このPDCAをたくさん回せた人が成功を収めるといわれています!

 

そしてそれは人生においても同じことがいえると思います。

 

何度失敗しても、そこから学び、行動をすることで成長となります。

 

皆さんもこのPDCAを回しまくってください!

 

 

まとめ

選択

いかがでしたか?

 

今回はEC(ネット)で起業をする方法についてお話しました!

 

正直このECを使った起業方法は本当に無数にあるため必ずあなたに適した方法があるかと思います。

 

 

今回お話ししたのはそのすべてに通づる根本的な考え方です。

 

逆にこの考えさえ持っていればどんな事業でもうまくいきます!

 

ですが皆さんもっと具体的な起業方法が知りたかったと思われる方がいるかと思います。

 

 

そんな方はぜひ私が所属しているCrazies Stories(クレスト)の体験講義に参加してみてもらいたいです。

 

具体的に、その体験講義に参加していただくと自分を見つめなおすことが出来るので自分に合ったECの起業方法がわかると思います!

 

他にもセールスやマーケティング、コミュニケーションなどの様々なことを学ぶことができます。

友だち追加

 

もし少しでもECの起業について、また自分のことを知りたい方はぜひ下のURLから体験講義を参加してください!

 

 

あなたにとってプラスになることは保証します!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる