独立もできる?好きなスポーツでできる副業3選

皆さんこんにちは!

社会人なりたてホヤホヤの松永です!

起業 生存率

タイトルにもありますが、好きなスポーツで副業とても憧れますよね。

皆さんもいろいろなスポーツをしてきたのではないでしょうか。

そのやってきたスポーツ経験から副業ができることはご存じですか?

そうなんです、好きなスポーツで副業ができちゃうんです。

今回はスポーツに関わる副業について話そうと思います!

 

目次

スポーツトレーナー

 

副業におすすめの職業はスポーツトレーナーです。

スポーツトレーナーは稼げない、、と思っている方も多いでしょう。

ですが、副業として経験を積んでからなら将来的に高単価でトレーニング指導ができるようになるとても夢のある仕事です。他にもたくさんの魅力があるので、今からご紹介しますね!

スポーツトレーナーと言っても様々な分野のトレーナーがいます。

スポーツトレーナーと聞くと、プロ選手の専属として活動するイメージがありますが、スポーツクラブやフィットネスクラブ、地域のスポーツチーム、部活動など、近年では活動の幅が広がりつつあります。

なぜおすすめなのかと言うと、上記のようにスポーツトレーナーという職業の幅が広がったこともありますが、一番の理由は資格がなくてもスポーツトレーナーとして働くことが可能だからです。

 

資格がなくてもスポーツトレーナーになれる?

え?資格がなくても働けるの?と思った人も多いはず。

スポーツトレーナーとして働くためには資格の取得が絶対ではないため、副業として始めやすい職業の一つと言えるでしょう。極端ではありますが、今からスポーツトレーナーとして名乗ることもできるわけです。

ですが、スポーツトレーナーに関する資格を持っておいた方が、これからの自分自身の経歴に記載できたり、よりクライアントからの信頼を得ることができます。業務委託のお仕事も頼まれやすくなるでしょう。

一つ言うのであれば、それぞれのクライアントがトレーナーに何を求めているかを理解さえすれば、資格があってもなくても問題はないでしょう。そこまでクライアントは気にしていないことがスポーツトレーナー・フィットネス業界の特徴です。

また、資格がなくてもジムなどで勤務しながら知識を得ることもできるため、資格の勉強をしながら働くことも可能です。

資格の種類も分野によって違うので、今から紹介します。

 

スポーツトレーナーに関するおすすめ資格一覧

国家資格

・理学療法士

・柔道整復師

・あん摩マッサージ指圧師

・鍼灸師(はり師、きゅう師)

民間資格

・JSPO(日本スポーツ協会)公認アスレティックトレーナー

・JATAC-ATC(ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会認定アスレチックトレーナー)

・NATA-BOC公認アスレティックトレーナー

資格は他にもありますが、代表的なものを記載しました。

資格によっては、大学や専門学校に通わないと取得できないものもあります。

資格取得を検討するのであれば、事前によく調べることをおすすめします!

 

スポーツトレーナーは時間や場所に縛られずに働くことが可能?

そうなんです。スポーツトレーナーは好きな時間帯で、好きな場所で働くことができます。

平日の空いた時間に働くことができることや土日などの週末に働くことができること、業務委託などでも働くことができることなどがあげられます。

また、クライアントによってトレーニングを指導して欲しい時間帯や場所が異なります。仕事終わりに会社の近くでトレーニングをしたい方や早朝にトレーニングしたい方、家事の合間にトレーニングしたい方、土日希望の方など様々です。

近年では場所を選ばないオンラインでのトレーニング指導の希望者もおり、トレーナーとクライアント共により場所に縛られることなく、トレーニングができる環境になりました。

以前よりは確実にスポーツトレーナーとクライアントがマッチできる時代になってきており、本業と副業の両立ができる可能性が高くなっているのです。

スポーツトレーナーはあまり制限がなく始められる副業の一つと言ってもいいでしょう。

 

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターも副業として働くことができるのはご存じですか?

スポーツ施設で働くスタッフの全員が正社員ではありません。意外と非常勤講師のスタッフもいるのです。その中にも非常勤で経験を積んで、将来的には独立しようとしている方も少なくはありません。

スポーツインストラクターもスポーツトレーナーと似ていて、副業として経験を積めば将来的には高単価でレッスンを開くことができるようになるので、とてもロマンのある職業です!

そんなスポーツインストラクターの仕事内容としては、フィットネス施設やスポーツクラブ、スイミングスクールなどのスポーツ専用の施設で働くことがほとんどです。

学生時代の部活動などで培ったスポーツ経験がある方は特におすすめの副業です。自分の趣味や特技をそのまま副業に繋げられるので、始めやすい副業の一つです。

スポーツトレーナーと何が違うの?

スポーツインストラクターとスポーツトレーナーの違うところは、スポーツをする上で技術を指導するか(スポーツインストラクター)スポーツをする上で体の管理をするか(スポーツトレーナー)です。

スポーツインストラクターもスポーツトレーナーもトレーニングを指導します。技術向上のためにトレーニングをするか、体の管理のためにトレーニング・ケアをするかの違いです。

スポーツインストラクターの魅力

スポーツインストラクターの仕事はクライアントがスポーツで日頃のストレスを発散したり、楽しくスポーツを行うために安全を配慮しながら働く仕事です。スポーツトレーナーと同じで資格が絶対必要と言う訳でもなく、平日の夜や休日の需要が高まる仕事なので比較的副業として始めやすいと言えるでしょう。

土日の比較的利用が多くなる週末に非常勤講師としての求人が出ていたり、経歴や資格はそこまで問われない施設もあり、実力があればあるほどレッスンの単価も高額になっていきます。スポーツ経験者は特におすすめの副業と言えます。

スポーツインストラクターは楽しくスポーツを教えながらできる副業の一つと言えるでしょう。

 

スポーツ審判

最後にご紹介する副業は、スポーツ審判です。

スポーツの大会や試合では欠かすことのできない職業です。

スポーツ審判がおすすめの理由

スポーツ審判も特別に資格がなくても簡単に始められるので、おすすめです。また、スポーツの試合は土日祝日に集中するため、平日勤務のサラリーマンであれば絶好に副業しやすい職業と言っても過言ではないでしょう。

スポーツ審判をおすすめする理由は、なんと言っても始めるための準備が特にいらないことです。(プロスポーツは異なります)

体力はどのスポーツでもグラウンドやフィールドを駆け回らなければならないため必要ではあります。

ですが、審判を行うために必要な道具は大抵の場合は試合会場に用意されていますし、必要なものと言えば動きやすい服装とフィールドに合った靴ぐらいです。ルールは必ず熟知しておく必要はありますが、初期投資は圧倒的に低く抑えられる副業の一つでしょう。

スポーツ審判はなんと言っても体力勝負なところはあります。初期費用が低く、体力に自信のある方にはおすすめです。

スポーツ審判は需要が高い?

スポーツ審判の需要はとても高いです。スポーツを行う上で必ず必要になってくるのが、試合の進行やプレーのジャッジをする審判。ですが、近年スポーツ界では審判不足に悩まされています。審判のAI化というワードもちらほら出てきてはいますが、審判業務をAIに完全移行するにはまだ先だと言えるでしょう。

スポーツ審判は土日に副業がしたい方、初期費用を低く抑えたい方に魅力的な副業と言えるでしょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

スポーツで副業を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

他にも型式や種類は異なりますが、スポーツでの副業は数多くあります。

今回は代表的なものを3つご紹介しました。

副業と言えどもしっかりと計画的に行ったほうが、収入はアップすることは間違いありません。

本業でも副業でも自分の身の振り方を間違えるとなかなか収入が上がりません。

そこで、自分の見せ方・売り方を学ぶことができるコミュニティをご紹介します。

私が副業をしようと思ったのは、クレイジーストーリーズ(通称CrazyStories)というコミュニティがきっかけです。

クレイジーストーリーズ(通称CrazyStories)は、起業やビジネスに必要なマインド、マーケティング、セールススキルを学べるコミュニティです。

必要なスキルを学んで、より自分の副業を充実させませんか?

今回紹介した情報を参考にしていただければ幸いです。より良い副業をスタートできるように頑張っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

松永和真(まつながかずま)と申します。プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。

私の自己紹介・経歴を簡単にご紹介します。

・新卒社会人1年目の会社員。

・自己成長のため福祉系ベンチャー企業に就職。

・福祉関係の大学卒で、福祉×スポーツの道を選択。

・子どもたち相手に運動遊びを通じて、体を動かすことへの楽しさを伝えています。

・障害者スポーツ大会へボランティアスタッフとして参加。地域の中学硬式野球チームにトレーニング指導も経験。上記とは別路線でYouTube活動も経験。

・現在は本業も頑張りつつ、副業でも収入を得るために日々勉強。

社会人になって間もないですが、よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる