IM BlogIM ブログ

2021.12.4

今すぐできるスモールビジネス12選

皆さんこんにちは!こんばんは!

IMマーケティングチームの利川泰斗です。

 

 

近年、起業というワードをよく耳にするようになってきました。しかし、私にはそんな壮大な起業なんて出来ない。

だけど、今の働き方に疑問を持ち何かに挑戦してみたいと思っている方は必見です。

今回は、「起業」や「ビジネス」に興味はあるが、何をどんな方法があるかわからない。

出来るだけリスクや金銭的なコストは抑えたいという方に向けて、スモールビジネスとは何かというところから

メリット・デメリットをご紹介していきます。

 

スモールビジネスとは?

スモールビジネスとは、小規模かつ少ない資金で始められるビジネス全般を指す言葉。

実際のところ、具体的な定義は存在しません。簡単にいえば小さな事業となります。

そのためあらゆるものを包括して語られることが多く、「フリーランス」「ノマドワーカー」なども

スモールビジネスに含める向きがあります。

ただし、従業員が5人以上いる場合は「スモール」の範疇からは外れるので注意してください。

また、スモールビジネスは既存市場をベースに展開することがほとんど。

全く新しい市場を開拓していく「ベンチャー」「スタートアップ」などとは大きな違いがあります。

 

 

スモールビジネスのメリット

・初期投資をかけなくても始められる

・やりがいを感じる

・時間や場所を選ばずに働ける

 

 

まず一つ目のメリットは、起業時にかかる資金が不要なことです。手がける事業によっては準備金が必要となりますが、

資金ゼロからでも始めることも不可能ではありません。ただし、「事業として成功を収め、安定的な収入を得たい」と

考える人は、どこかで資金を投入する必要があるでしょう。

また、好きなことを仕事にできるのもスモールビジネスならではの魅力です。興味のあることを突き詰めていけるので、

仕事といえども苦になりません。働いた分はそのまま収入に跳ね返ってくるため、やりがいを感じながら

働くことが可能です。加えて、自身でビジネスを展開するのですから、時間や場所の融通も利かせやすくなります。

例えばPCさえあればできるビジネスなら、自宅でも屋外でも気の向いた場所が仕事場です。

本業があっても隙間時間を利用しやすく、効率的に働くことができるでしょう。

 

スモールビジネスのデメリット

・収入が不安定になりがち

・社会的信用が低い

 

 

デメリットとしては、まず収入の保証がないという点です。スモールビジネスは、自分の裁量で働けるのが魅力です。

しかしこれは裏を返すと「仕事が取れなければ収入も無い」ということ。起業から収入を得るまでに

時間がかかるケースも多く、常に安定的に利益を出すのは困難といえます。

また、一般的な企業などと比較して、スモールビジネスは社会的な信用が低いと考えられます。

ビジネスを展開しても知名度がなく、実績を積み上げるのに苦労するかもしれません。

この社会的信用の低さは銀行などで融資を受ける際に不利になります。

手っ取り早く社会的信用度を上げたい人は、法人化も検討した方がよいかもしれません。

法人化する手順

 

スモールビジネスをはじめるポイント

・やりがいのあるもの

スモールビジネスを選ぶ際は、「ずっとやってみたかったこと」「人の反応がダイレクトに返ってくるもの」など、

自分なりのやりがいを感じられるものを探して下さい。

前述のとおり、スモールビジネスが安定するまでには比較的時間がかかります。

このときやりがいを感じられない仕事をしていては、モチベーションが保てません。

壁にぶつかればすぐに「もう嫌だ」「やめたい」など考え、利益が出るまで事業を続けることは困難でしょう。

 

 

・経験を活かせるもの

スモールビジネスを始める際、多くの人は「そのとき流行っているもの」「人気があるもの」に手を出そうとします。

一時はそれで大きく儲けることができるかもしれませんが、参入する人が増えれば状況はすぐに厳しくなります。

トレンドが変われば需要もなくなりますし、雰囲気に流されてビジネスを始めるのは避けた方が無難です。

スモールビジネスを選ぶときは長期的な視点で考え、自分にアドバンテージがある分野を見つけましょう。

どんなビジネスにせよ、経験は強力な武器となります。ゼロからスタートするよりもはるかに有利ですし、先の見通しも立てやすいのです。

 

 

スモールビジネス12選

Webデザイナー

クライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当します。

Webサイトの構成、レイアウトを決めたりコーディングなどを行ったりできるスキルが必要です。

PCのみで完結するので、場所や時間を選ばずに働けます。

 

オンライン秘書

企業のバックオフィス業務を請け負う仕事です。メールチェックや電話の受付、書類の作成などをサポートします。

未経験から始めるのは難しいので、企業で事務や秘書の経験がある人におすすめです。

 

アフィリエイト

ブログを作って商品の宣伝を行うビジネス。ブログを訪れた人が実際に商品を購入すれば、報酬を得られます。

PC一つでできるので、初期投資費用はゼロ。ただしそれなりの収入を得るには、ブログのコンテンツを充実させたり訪問者を増やしたりなどの努力が必要です。

 

レンタルスペース

余っている土地がある人は、そこを貸し出せば収入を得られます。少しの土地しかない場合でも、「冬用タイヤを保管する」「使わない家具を置いておきたい」などのニーズには十分です。

ただしあまりに辺鄙な場所だと、顧客の獲得が困難かもしれません。

 

友達代行

結婚式によぶ友人がいないときなど、友達の代わりをするサービスです。人間さえいればよいので、機材やアイテムをそろえる必要がありません。

ただし安定的な顧客獲得は難しいので、効率良く宣伝する必要があります。

 

代行業・レンタル

代行業やレンタルもニッチなニーズがある業界です。準備資金不要で始められるものが多い上、個人で完結するものも少なくありません。

特に売り出せるスキルがない場合でも、気軽に始められるでしょう。

 

家事代行

忙しい家庭の家事を請け負う仕事です。主婦スキルがある人にぴったりなので、主婦の副業におすすめのスモールビジネスです。

近年は単身高齢世帯も増えており、それなりのニーズが見込めます。

 

何でも屋

いわゆる「便利屋」です。買い物代行、草むしりなど、顧客のニーズのあるところならどこででも働けます。こちらも高齢世帯からのニーズが高い仕事といえるでしょう。

 

幹事代行

会社の飲み会などで、幹事を代行する仕事です。

飲み会の場所のセッティングや場の盛り上げを負担に感じる人は意外と多いもの。ニッチな市場ですが、安定的なニーズはありそうです。

飲み会以外にも、女子会、お茶会などターゲットはさまざまあります。

 

洗車代行

車の洗車を面倒に感じるオーナーは多いもの。ニッチな市場ではあるものの、顧客からのニーズは高いでしょう。

 

ハンドメイド品の販売

近年はフリマサイトやハンドメイド品の売買サイトなどがたくさんあり、初心者でも参入しやすい市場です。

アクセサリーや洋服はもちろん、スマホケースやマスクなど、探せばニーズはさまざまあります。

 

イラストレーター

イラストを描くのが好きな人にぴったりなビジネスです。お絵かきソフトとPCやタブレットがあれば気軽に始められます。

クラウドソーシングサイトでマッチングを狙うほか、スキルがあればLINEスタンプなど作って販売するのもおすすめです。

 

スモールビジネスの成する方程式

市場のニーズを掴む

まず重要なのが、「そのビジネスに市場のニーズはあるか?」という点です。

「好きだから」「興味があるから」というのは、スモールビジネスを始める上で非常に重要なファクターといえます。

ただしこれは、副業として細々とやっていく場合。ビジネスとして成立させたいなら話は別です。

手がけたい事業が見つかったら、まずは市場調査を行ってニーズを探りましょう。

 

このとき注意してチェックしたいのは次のようなポイントです。

市場規模

競合の有無・規模

自身の優位性

リスク

調査してみて「分が悪い」「リスクが多い」など分かった場合は、再考するのがベターです。

見切り発車では後々後悔することになりかねませんから、「これならいける」と確信を得られるビジネスを見つけましょう。

 

 

競合と差別化する

スモールビジネスを始める人が増えている昨今、どの業界にも同じようなサービスを提供する業者は存在するはずです。

その中でビジネスとして生き残っていくには、差別化が重要。同じような商品やサービスを提供しても、大企業やチェーン店には勝てません。

スモールビジネスは顧客やニーズに合わせて小回りを利かせやすいのがメリットといえます。

きめ細やかな対応やサービスを提供するなど、大企業とは違う土俵で戦うことが大切です。

 

適切な集客の仕組みを作る

スモールビジネスを始めるとき、最初の壁は顧客の獲得です。大手のように莫大な宣伝広告費はかけられませんから、

自身で地道にビジネスをアピールしていかねばなりません。

スモールビジネスで顧客を集める方法としては紹介や口コミなどありますが、おすすめはインターネットを活用することです。

ブログやSNS、ホームページを作成し、集客できるメディアを構築しましょう。

SNSでつながりを作ったり内容の濃いブログやホームページを作成したりすれば、興味のある顧客は自然に集まってきます。

新規の顧客がほかの顧客を呼び込むことも期待でき、宣伝広告費をかけなくても十分な宣伝効果を期待できるのです。

こうして理想的な顧客コミュニティが形成できれば、ビジネスの運営は安定していきます。

InstagramやTwitterなどあらゆるツールを活用してみましょう。

 

 

まとめ

スモールビジネスは、初期投資をかけなくても始められる、やりがいを感じる、時間や場所を選ばずに働ける。

また、自分の個性を活かし、ビジネスをはじめることができます。

今回紹介した12選スモールビジネスを参考にしてみてください。

 

ここでちょっと小話…。

僕はスポーツトレーナーとして活動していましたが、やはり経済的な問題にぶつかりました。しかし、このIMに入ってからは、10万円の収益を出すことができ、バイトを辞めることができました。

 

こんな僕でも起業の0から1。つまり収益を上げることができるのでぜ、このインキュベーターズマーケット(通称IM)を活用してみてください。プロの起業家から最新の起業に関する知識を教えてもらうことができます。その他にも、同じように起業を志す仲間もたくさんいるためお互いに切磋琢磨しながら成長することができます!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

I Mマーケティング事業部の利川泰斗でした。

 

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

阿部 真也 記事一覧
新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
利川 記事一覧
福島 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
ミゲル松田 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
寺西悠 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ