IM BlogIM ブログ

2021.7.31

起業するためクラウドファンディングで失敗しない方法

会社から独立するに資金が必要です。起業するのに資金が足りないので、資金をどのように失敗せずクラウドファンディングでどのように書いて、支援していただくか考えないといけません。事業内容によって資金調達の融資や資金などの内容を詳しく書き込む必要があります。起業資金に失敗しないクラウドファンディングで集める方法を紹介します。

 

クラウドファンディングって何?

クラウドファンディングとは、クラウド(インフラ、インターネット)ファンディング(資金調達)のをくっつけた造語です。略して「クラファン」と呼ぶ人

 

起業資金でクラウドファンディングで集められるの?

結論から言うと起業するため資金がない、足りない時にクラウドファンディングを理由する人たちはいます。

独立するため起業資金調達が大きな課題で、自身のプロジェクトがユーザーにどうしたら応援してもらえるのか?考える必要性があります。決して自分の自己満足のプロジェクトだと応援してもらえません。クラウドファンディングで資金調達はあくまで手段の1つです。

 

クラウドファンディングの市場規模が拡大している

今コロナ禍により政府の総理大臣が、クラウドファンディングを発言したことから一般人や芸能人が知り多くのユーザーがクラウドファンディングが始めています。それで知ってる人も多いと思います。それにより認識が多くなり、市場規模が広がり、支援が偏りがはじまっています。

だから、広告と何がしたいか安全性と安心性を明確にしていかないとユーザーが選ばなくなるため競争が激しくなっています。

ただでは「助けてください」「これを販売します」ではもう支援してもらえませんし、興味を持ってもらえません。

 

年々に続き規模が大きくなって売り上げがどんどん右肩上がりになっているのも現状です。

 

プロジェクトにあったプラットホームを選んでいるか?

クラウドファンディングと言っても数多くのサイトがあり、お店経営や、応援や、商品販売などなどでジャンルが異なり自分にあった場所、自分と同じようなことをしているプラットフォームを選ぶことが適切です。何をやるにも先人が何したいか確認が大切です。

 

クラウドファンディング始める前に準備を何をすべきか?

何をするか?分からない人がいると思います。

やっぱり安全性や安心性と信頼性とこれ私も欲しい!、応援したくなるものを支援したいですよね。

だから、食品するにもどこと協力するか、どこで生産されているか気になりますよね。

事前に何を発表したら人が集まるのか?どんなフォーム画面でワクワクさせれるか計画を立てて「法人」と組んでより良いものになるために予算を組んでクラウドファンディングするとよいでしょう。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングはやって何がメリットなのか?

 

個人でも資金調達ができる

個人的にも支援できます。個人で起業するとき、個人で経営しているお店を助けて欲しいとかで使う人もいたり、新しいものの製作費のために支援を個人でやる人がいます。

僕は個人支援は主に個人経営者が多いイメージ

PR(宣伝)できる

新商品や新サービスなど宣伝できるプラットフォームでもあります。この世にないものをすぐに売り出さず、クラウドファンディングで試して売り出して販売してうまくけば正式販売することが多いです。

なので新しい商品を作りたいけど心配な時はクラウドファンディングから始めるのがオススメです。

支援者と接点できる

クラウドファンディングは支援してくれた方が見える機能があります。その方が次も新しいのを作ったらまたリピートしてくれる可能性があります。そして、支援してもらえた方と繋がれるのでそこでまた新しいビジネスがはじまったりすることが起きてどんどん大きくなっていくこともあるかもです。

 

資金が集まらなくても集まった資金が使える

クラウドファンディングは資金が目標金額にならなくてその資金で支援ができるシステムがあります。そのシステムは「All-in」があります。

例えるともし「目標金額が100万で集まった金額が80万」で達成できなくても支援ができます。足りない分は自分で補うなどして支援を達成することができます。

 

クラウドファンディングのデメリット

決して良い部分だけがあるとは限りません。失敗したら全て自己責任になります。

 

失敗したら自己責任

支援にも、プロジェクト予算も自分が支払わないといけないです。なのでその意識を持って絶対に成功させましょう。

 

目標金額の設定が難しい

こんなの現実的じゃない、こんなのできるわけない、やれるか分からないものに人は支援したくなりません。どうしたら達成できるのか目標の高さを見極めましょう。

 

支援者にメリットがなければいけない

自分がこれがしたいだけではダメです。これは支援してどのようなメリットがあるのかがないと魅力も感じません。自己満足なプロジェクトだと協力してくれた方々に迷惑をかけてしまいます。なので自己満足よりも世間で何が役に立つか?新しいもの価値観を発表しましょう。

 

失敗しないためのクラウドファンディングの成功3選

どうしたら成功できるのか?失敗しないやり方と目標設定を決め方で上手くやる起業の仕方は一体になんのか知りたいですよね。僕も知りたいです。

 

1形式設定を設定する。

形式設定とは「目標金額を設定すること」実際に集めたい金額が1000万円だから目標金額を1000万円にすると、開始まもなく200万円を集めても達成率は20%にしかありません。

そうならないためにも、早期に目標達成が感じられる金額設定するようにしましょう。

2事前段階のコミュニティを形成する

事前段階にコミュニティをつくることが適切です。

「谷上プロジェクト」は事前に行った「谷上ツアー」や「谷上ブレスト」により、チャット上で約1000人のコミュニティができている状態で、クラウドファンディングを開始させました。「島戸ゲストタウンプロジェクト」では、発起人を中心に形成されていたビーチクリーン活動のコミュニティの協力して、初速を作っています。

3支援が高い「法人」を巻き込む

クラウドファンディングにおいて個人1人当たりの支援平均単価は大体7000で、1万PVで集まる金額は50万円程度となります。

そのため、支援単価の高い「法人」を巻き込む工夫が必要です。
「島戸ゲストタウンプロジェクト」では、約半分を大口の法人を集めました。この支援が会社の価値向上につながる、地域貢献になる巻き込むプロジェクトがカギとなります。

最初からスポンサーとして名を連ねてもらうようなプロジェクト設計しよう。

PDCAを意識する

PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法のことです。

計画を立て、その計画に沿って実行していきます。そして周りの評価で悪かったり、自己評価が有無でその評価で改善をして繰り返ししてやることがPDCAサイクルです。

 

クラウドファンディングを成功させるには?

身近の人からまず支援をお願いする

身近の人から支援をお願いする。勤めている会社やSNSの友人知人や友人にお願いして支援をお願いしよう。身内のInstagramの個人垢で毎日宣伝して知り合いの人にもご支援もらえるチャンスをつくろう。

すでに評価されているものは評価される

クラウドファンディングの普及で一般の会社員でも「支援しても良い」という感覚になっており、資金援助のプロジェクトが増加しています。ひとつのクラウドファンディングサイトをのぞいても、融資の対象はいくらでもあります。SNSを通じて資金募集を知ることができます。すでに評価されものは評価されやすくプロジェクト成功がしやすいです。

なので、プロジェクトの傾向をしっかり確認して自分のプロジェクトを確認していくことが大事です。

クラウドファンディングに必要なマーケティング力

クラウドファンディングはマーケティングスキルは必須です。クラウドファンディングは支援してもらうことは「起業」と同じです。どうしたら人が支援したくなるものができるか?自分のしたいことを相手に伝えられるかを考える必要性があります。

クラウドファンディングの掲載期間を意識すること

クラウドファンディングの掲載期間は、一般的には30日から45日が多いです。

その掲載期間の中で、援助金がより集まりやすい時期が2回あります

 

1回目は、掲載当初の5日間前後。この期間に注目度をたかしていれば、目標金額に達する可能性も高くすることができます。

なので、この5日間の注目度を上げるためにはどうしたら上げるのでしょう?

ワンポイントは「事前告知」です。

公開前からクラウドファンディングを行なうことを周囲に宣伝してプロジェクトに関心をもってもらえるよう試行錯誤しましょう。

そして、ある程度関心が高まったタイミングで公開することで良いスタートが走れます。

成功しているプロジェクトほど、クラウドファンディング公開前から準備を大切にして実行しています。

そして、2回目の援助金が集まりやすいタイミングは、最後の5日間です。初日の5日間と同じですね。

特に、事前にプロジェクトを周知していた人々は仲間意識を抱いてくれていることも多いです。

特に「ファン化」している支援者達にとても、援助金が集まるのかどうか気になる時期のた支援者達が不安なので自ら宣伝していくことが多いです。

また、この時期はある程度の支援金は集まっているはずなので、「目標達成まであと少し」という見せ方ができるので、最後まで油断せず、支援してもらうためにクラウドファンディング進めましょう。

「100万円達成まであと80万円」と聞いた時の「あと一歩」感を、このプロジェクトにかける思いと共にSNSなどで再度周知しましょう。「自分の支援が目標達成のカギを握るかもしれない」という気持ちを生み、支援の手を差し伸べてもらうことができるかもしれません。

最初の5日間と最後の5日間が勝負なので、クラウドファンディング成功する可能性を掴みましょう。

 

まとめ

クラウドファンディング簡単そうにみえて難しい仕組みで事前準備と予算をしなければ良いものが作れない。なので自分が準備する金額は思ったよりも2倍多く、どこに商品を製造と試作を頼むのか?どことやるのか?個人でやるのかを考えて予算を組まないといけません。クラウドファンディング1人でやるものではなくグループでやるものでグループで良いものづくりをしなければなりません。

 

なので、クラウドファンディングで起業は個人支援からできるので僕がこんなことしてこんな未来を作りたいのようなプレゼン力が必須です。

相手と自分が幸せになる起業に役立てて欲しいです。

僕も9月にクラウドファンディングを発表するものがあり、それも自己満足や独りよがりではどうにもできません。どうにかしなければいいものは作れません。なのでこれを機に自分の人生を賭けたい。リスクをしてやりたいものがあります。

 

このIMに入って確信できたので「自分がこうなりたい」けど無理と考えている人に環境を変えて人生の新しいヒントが見えるはずです。ダラダラする毎日よりも毎日必死に生きてきたいからです。

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

阿部 記事一覧
新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
利川 記事一覧
福島 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
薫堀井 記事一覧
寺西悠 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ