IM BlogIM ブログ

2021.7.6

起業家として一人前と呼ばれるようになるにはどうしたらいいのか

初めまして!

インキュベータズマーケット マーケティング事業部の小川です。

そもそも、起業家とは何なのか

起業家として一人前の定義とは何なのか

一人前と言われるレベルの起業家が持っている思考とは何なのか

起業家と一口でいっても、IT起業家や女性起業家、学生起業家、そして退職後のシニア起業家もいらっしゃいます。また、成功した起業家の中には、まとまった資金を持っていた方もいれば、全く資金を持っていなかった方もいます。

今回は起業家とは、また起業家にとっての一人前になるには、についてお話ししていこうと思います。

それでは、行ってみましょう!!

起業家との定義とは

起業とは新しく事業を起こすことで創業とも言う。

起業に似た言葉として「創業」「開業」や「独立」なども使われますが、厳密には意味や使われるケースが違います。

創業とは

創業とは基本的に起業と同じ意味で使われます。

過去の出来事に対して使われることが一般的で、「2021年7月創業」と言う言い方はしても、2050年創業という方はしません

つまりは、過去の時間に対して使われる言葉です。

創業の場合も起業と同じく、法人格のあるなしには関係ありません。

開業とは

開業も新しく事業を始める場合を表しています。

しかし使われるケースが少し違い、個人事業の場合に多く使われるようです。

個人事業主としてやフリーランスとして事業を始める場合に「開業届」を税務署に提出することからそう呼ばれるようです。

独立とは

起業と似た意味で「独立」という時は、勤めていた会社を辞めて新しく自分で事業を作るという時が多いです。

この場合は新しく始めるビジネスがそれまで勤めていた会社の事業内容と同じ・類似の場合が多くなります。

起業家として一人前と言われるようになるには

起業家として活動をしていくためには、この3つの習慣をやめればいいと言われております。

その3つとは何のか、それは「躊躇」「遠慮」「先送り」です。

2個目の遠慮に関しては日本人がやりがちです。

これらの習慣を改善することで、今までと違うモノが見えてくる!!

躊躇

不安や恐れから行動を止めてしまうことがありますが、一度決めたことに躊躇は厳禁です。

時間が経つにつれて、行動しづらくなります。

また、新しいこと、やったことないことをやる前に立ち止まってしまい前にも後ろにも動けない状態になってしまい、結果として中途半端な結果で終わってしまいます。

躊躇がなくなると、ドンドンチャレンジできるようになるので、躊躇はできる限りしないようにしましょう。

遠慮

日本人にありがちなのですが、遠慮をしてしまうことです。

例えば、

人の顔色を伺って、相手にアプローチかけられないとか、話しかけられないとか、伝えるべきことを伝えられないとかetc.

相手は忙しいかもしれないですが、そこで止まってしまってはあなたが成し遂げたいことが成し遂げられずに終わってしまいます。

商談などの際にもチャンスを失ってしまい、機会損失を産むリスクもあります。

また、遠慮ばかりでは自信がないのかな?などと思わせてしまい信用低下なども引き起こす可能性があります。

礼儀を持って遠慮せずにアプローチしていくことが大切です。

先送り

最後は先送りです。

物事の決断や作業の期日を遅らせることを指す意味の先送りですが、これを行なっていては一生あなたのゴールは来ません。

先送りをしていいことなんか何一つありません。

どんな物事にも「期日」や「納期」があります。

遅れることは相手に迷惑をかけることになります。

また、何かしらのトラブルに巻き込まれた時などに対応が遅れたり、できなくなる恐れもあります。

できることなら「期日」「納期」の1週間前ぐらいに完成しておくことをオススメします。

早く収めればそれだけ信用も上がります。

やるべきことをやるべき時までにやり切ることをしましょう。

起業家が持っている思考

起業学生

冒頭でも、お話ししましたが、起業家とひとくちに言ってもたくさんの種類があります。

IT起業家や女性起業家、学生起業家、そして退職後のシニア起業家など

では、起業家に向いている人と向いていない人ではどんな特徴、思考があるのか買いいこうと思います。

起業が向いている人

行動力がある人

起業には想定外のことや、正解がわからないことがたくさん存在します。

それを乗り越えるためには、100%理解できなくても「とにかくやってみる」という精神や行動力が必要です。

専門的なノウハウを持っている人

自分自身に経験のない、まったく新しい分野でいきなり起業して成功するのは非常に困難です。

もちろん能力や経験はのちのち身についていくものとも言えますが、必要なスキルを最初から持っているのと徐々に身につけていくのでは、初動のスピードが全然違います。

考え方が柔軟な人

作った当初は完璧だと思っていたビジネスモデルでも、運営しているうちに必ず変更が必要になります。
時代や社会状況が変わったときなど、それを正確にとらえて適宜計画を修正できる、柔軟な考え方ができる人の方が成功できる確率は高くなります。

素直な人

素直で誠実な人は起業にも向いています。

例えば失敗した時「自分が悪かった」と素直に思える人は、そうでない人に比べ成長するスピードが格段に速くなります。
失敗を人のせいにせず、改善の種にして進める人こそ起業家として成功できる人だと言えます。

起業が向いていない人

慎重すぎる人

前にどれだけ準備をしていても、いざ起業してみると想定外のことはかならず起きます。

未来のことをあれこれ心配して、動けなくなってしまう人は起業には向いていないといえます。

感情的な人

感情に振り回されるタイプの人は起業には向かないでしょう。

1人で起業するフリーランススタイルであればまだ良いのですが、組織を作って人を雇用するとなると、関係者が多くなるためどんな時でもビジネスを優先して個人の感情を超えた判断をする必要があります。

経営者には冷静さが必要なのです。

お金にだらしない人

自分自身のお金の使い方を振り返ってみて、何にいくら使ったのかわからない、浪費を重ねてしまう、借金があるという人は会社のお金に対しても同じ態度を取る可能性があります。

まずは自分自身のお金の使い方や管理方法を見直してみましょう。

まとめ

ここまでいかがだったでしょうか?

起業家として一人前になるにはどうしたいいか分かりましたか?

知識として理解しても身につけるためには実践が必要です。

そんな実践する場って中々ないですよね。

そんなあなたに朗報です。

IMという学びつつ実践する場があります。

このIMはコミュニティは実践型のビジネスチームです。

自分から考えて行動をして実践することでより一人前の起業家になれます。

今すぐ、一人前の起業家を身になりたいですか?

でしたら、まず公式LINEを追加してください。

そこから、たくさんのことが学べます。

共にIMで学び成長しましょう。

下記ライン登録か右上のENTRYボタンからお問い合わせください。

お待ちしております。

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
薫堀井 記事一覧
寺西悠 記事一覧
藤原 優作 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ