IM BlogIM ブログ

2021.9.11

ニッチビジネスで失敗しない成功アイデアとは?

ニッチビジネスとは?ニッチなエッチなコアな層のイメージがあります。

けれどもニッチなビジネスはニーズが少ないので、どこでビジネスしていくは自分で調べる必要性があります。ニッチなビジネスで誰も知らないビジネスについて、成功できるアイデアなんでしょう?

 

成功するアイデアには共通点が存在する?

 

ニッチビジネスというをご存知でしょうか

ニッチというのは万人受けするようなものではなく、ごく一部の熱烈なファンがいる分野です。

ニッチなニーズに向けて行うビジネスは、果たして成功できるのでしょうか?

ここではニッチビジネスで成功するための考えでは、アイデアの共通点を見ていきましょう。またニッチビジネスに限らず、起業しても、失敗するビジネスモデルというものが存在します。成功と失敗の分かれ目はどんなところにあるのか、考えて行きましょう!

 

ニッチビジネスとは、どんなビジネス?

市場規模が大きいと顧客が求めている商品やサービスが主に取り扱っています。

しかし、ニッチな市場では、一部の特定の顧客やニーズに対して、商品やサービスを提供する世の中では「コア」なニーズと言えます。

 

例えば、旅行会社でニッチビジネスを展開すると、まず領域を限られた範囲に絞って、その中で優位で市場を調べます。

旅行と言えば全国各地、世界旅行などありますが、これを世界旅行に絞っても、ニッチではありませんよね。

そして、「秘境」「高級リゾート」など、より特化した場所を対象としたビジネスを展開しています。

このように卑怯専門でニッチな旅行会社となれば、ニッチといえます。

 

とはいえ、ニッチビジネスを展開させる場合には、事業範囲を狭く固定化しすぎないことも大切です。

ニッチな事業とは、例えるなら、ホビー業界では多く「カードゲーム」ではカード専用のスリーブなので、専用の〇〇が多く存在していて、プレーヤー目線のビジネスが展開していますよね。

ニッチであり、需要のあるビジネスへと変化させることができるのです。

ニッチビジネスは成功すれば巨大なビジネスへ成長することも考えられます。

これまで注目されていなかったニッチな商品やサービスをスポットに当たることで、ニッチに需要が生まれます。そして、その分野の人から、注目度があがり多くの人にSNSで知ってもらえることがあります。

そして、多くの人がそれを求めてることに繋がれば、一気に市場規模拡大することでしょう。

最初はニッチな商品やサービスでも、ニーズが会えさえすれば、成功を掴むことができるビジネスになり得ます。

 

ニッチビジネスどんなメリットは?

ニッチビジネスはどんなメリットがあるのか?

結論から言うと、ニッチビジネスはライバルが少ない。

万人受けを取り上げていないので、「どうせ売れない」と見向きもしない商品やサービスをビジネスですが、万人受けする商品に比べて、類似を扱う企業も少ないので、時には一人勝ちになるケースもあります。

ライバルが少ないので、希少価値があがり、重要が高いため、高収入が見込めます。

もちろんそのためには、魅力的なサービスであることをアピールして、知ってもらう必要があります。

うまく言えば、代替えする商品がないので、ユーザーはこちらが設定した、価格で買ってくれます。

だからといって、もちろん高すぎる価格設定は論外です。

 

価値に合った価格でなければ買ってもらえませんし、ユーザーが喜ぶものでなければ、ビジネス継続は難しいです。

そして、ライバルが少ないということは、集客も容易にできることです。

例えばネット集客として、ホームページやブログで宣伝を開始しました。

 

ライバルが多ければ、サイトを上位に上げるために、戦略を考えないといけません。

しかし、ニッチであれば、検索エンジンでは早い段階で上位に表示されることがあります。

その結果、そのサイトやブログを見る人が増え、顧客を集めることに繋がります。

 

ニッチで成功するアイデアの共通点とは?

ニッチで成功するアイデアには共通点があります。

是非、考えてみましょう。

流行りものを取り扱わない

流行りものは稼げますが、ニッチビジネスは流行りものに囚われていけません。

 

起業をするイメージでは、一獲千金を目指してしてしまう人がいますが、大切なのは「継続すること」と「相手のことを考える」ことです。

流行りものは、一時期は売上を伸ばすことはできますが、

流行がなければ、見向きもされなくなるデメリットがあります。

 

流行りものは売り上げに波ができてしまいます、安定とは程遠い経営なってしまいます。

狙うべきは、確実に「誰かに役立つビジネス」を自分の出来る範囲で継続して、ビジネスをする必要があります。

成功する人は、流行りものに見向きをしません。

自分がしたいことを突き通しています。

 

〇〇専門家であること

起業学生

ニッチビジネスである以上、その分野を極めた専門家である必要があります。

ニッチな商品を取り扱っていても、他でも手に入る情報しかなかったり、顧客の要望に応えしたければなりません。

目指すものはここでしかない専門店です。

ニッチビジネスはマニアが求める宝探しするような商品が需要があります。

特化した商品で勝負することで、より価値が生まれ、「この商品ならあの店」といった専門店になることができます。

 

ニッチあったサービスを組み込む必要性

ニッチビジネスでは、「他の店舗では取り扱わない商品」や「誰も思いつかないようなサービス」を探すだけではありません。

当たり前のことをしっかりとやる、またはニッチであることの「プラスワンの心遣い」を徹底することはビジネスにとって必要です。

実は、当たり前のことをできていないビジネスの基礎が出来ていない、企業が多いのです。

そして、日本人は完璧なサービスといった「特別扱い」が大好きです。

完璧なサービスも大事ですが、ここでしかない出会いはできるのがニッチの強みでもあります。

他の企業にないサービスを取りいれることで、一気に注目されるお店になる可能性が高口なります。

 

ニッチビジネスで失敗することがあるのか?

成功の裏には失敗もあります。

ニッチビジネスで失敗する人に共通するビジネスを見ていきましょう。

 

ビジネスの限界点が低い

ビジネスを展開する上で、どんなビジネスモデルにも限界点はあります。

しかし、限界点が低いビジネスは、早く終焉が訪れます。

低いビジネスになる原因は、目先の利益しかみていないからです。

限界点が高いビジネスは、その過程の中で様々な仮定を模索することができますが、限界点が低いとその分。

展開しようとしているビジネスモデルにどの程度の可能性があるのか、将来を見据えた広い視野で見極めないとすぐに限界がきてしまいます。

 

他のビジネスよりも運営コストが高い

ニッチなビジネスは売上が良好ですが、運営コストが高く、利益が上がらず、遅くれて、出来ないこともあります。

反対に売り上げは少なくても運用コストを抑えることで黒字に成功している企業ができる場合もあります。

思うように利益が上がらない場合は、人件費などコストに無駄がないか、見直す必要があります。

これを放置したままでいたら、近い将来失敗に繋がります。

ニッチはニーズが少ない

ニッチはライバルが少ないメリットがありますが、反面ニッチすぎてニーズいない場合もあります。

ニッチビジネスするときは、ビジネスとして成立する利益が得られるかしっかり下調べしていきましょう。

これは、顧客の多さではなく、顧客が少なくても、単価が高い場合もあります。

個人の顧客だけでは無理なので、企業を相手にできることができます。

どんなビジネスでも市場調査をしていくことが必須です。

ここを調べておかないと、失敗に繋がります。

 

同じようなサービスが既に存在している。

ニッチビジネスを展開して頑張っていこうとしていると、同じようなビジネスが存在することがあります。

ニッチビジネスのする場合は、競合がいるビジネスを先にやっている有利です。

ユーザーも最近出てきたサービスよりも、経験や実績のあるサービスを選びます。

既に同じ内容で、ニッチビジネスがある場合があるので、市場を調べておきましょう。

ビジネスをスタートしてから気づいたのでは、失敗になってしまう可能性があります。

始める前に考えていきましょう。

 

まとめ

どうでしたか?

ニッチビジネスは流行も万人受けを無視した、一部の層に限定された顧客していくビジネスです。

他と同じものをビジネスにする人が少ないから、ライバスが少ないというメリットがあります。

しかし、ニッチすぎるコアなモノだとニーズが少ないと、利益に結びつかない自体が起きます。

ニッチビジネスを成功させるためには、市場調査をしっかりと行い、行動を繰り返すことが大切です。

また当たり前のサービスをすることも大切です。

他にはないビジネスモデルとここでしかないものを徹底することによって、顧客に選ばれる可能性が広がります。

そのビジネスの可能性を見極める力ない。ビジネスがわからない。ニッチって何?と思う方はこのIM(インキュベーター・マーケット)で0からビジネスが学べる。学校では教えてもらえないビジネスの基礎をできるのはここだけ!!!

もちろんニッチな記事も盛りだくさん

【風俗店経営】デリヘルを起業する前に知っておきたい法律やお金の話

風俗だけとは限らない?!飲食店を起業するなら知っておくべき「風営法」の内容と注意点

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

阿部 真也 記事一覧
新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
利川 記事一覧
福島 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
寺西悠 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ