IM BlogIM ブログ

【今更知らないなんて言えない!!】「起業」と「創業」の違いとは?

こんにちは!
IMマーケティング事業部の藤原優作です。

よく、何か事業を始めるときには「起業する」と言いますよね。

「起業する」といってもその方法はいくつも存在します。

個人事業主、フリーランスとして事業を開始する方法や
仲間と会社を立ち上げる方法があります。

そこで質問です。
「起業」「創業」の違いを知っていますか?

文字だけを見ると全く別物ですが、意味の違いってあんまり知らなかったりしますよね。

そこで今回は
「起業」「創業」の特徴や違いと、イメージの近い「創設」「設立」「開業」「創立」について
説明していきます!

「創業」とは

「創業」とは、新しく事業を開始することを言います。

この際、事業の形態は関係ありません。
会社を建てても「創業」と言いますし、個人事業主として事業を開始しても「創業」と言います。

「創業して10年」や「1960年創業」という言葉をよく耳にしますね。
逆に「来年創業予定です。」という言葉は聞いたことが無いと思います。

それは「創業」という言葉が「未来」ではなく「過去」のことを指しているからなんです。

「創設」とは

「創設」とは、とある組織の中でそれまでになかった施設や機関、制度、組織などを新しくつくることを言います。
具体例としては、ある会社の子会社を立ち上げることや、会社の中での部署を立ち上げることです。

先ほどの「創業」は組織に関係なく、事業を始めることでしたが
「創設」は、会社の中で新しく事業をスタートさせるために組織や団体、子会社を立ち上げる際に使用します。

「創立」とは

「創立」とは何もないところ、つまり0から新しく組織を立ち上げたり、施設を建てたりした日のことを言います。

会社を立ち上げて起業した場合にこの「創立」という言葉が使われます。

一般的には「創立記念日」だったり「創立何周年」という言葉としてよく使われますね。

ここまで「創業」「創設」「創立」の3つを説明してきましたが、整理するために
今一度、この3つの違いについておさらいしましょう。

「創業」・・・事業形態に関わらず、事業を開始した日のことを指す。
「創設」・・・大きな枠の中で新たに組織や施設を立ち上げることを指す。
「創立」・・・0から会社や施設を立ち上げた日のことを指す。

こうして改めて見ると結構違いがはっきりとしてきますね。

この調子で残りの3つについても説明していきます!

「設立」とは

「設立」とは、法律に基づいて定款(ていかん)を作成し、公証人役場で認証を受け
登記書類などを作成して商業登録を行い、法人組織として正式に登記した日のことです。

【定款】
「会社の法律」とも呼ばれるもので、会社を運営していくうえで基本的規則を定めたもの
その会社の商号(名前)や本店所在地、株式、機関設計の内容、事業年度などの情報を規定する

法人組織として代表的なのは「株式会社」ですが、そのほかにも
「合同会社」「一般社団法人」「一般財団法人」「NPO法人」などがあります。
事業の内容によって向いている組織形態が違うので、自分のやりたい事業を法人組織化するなら
どれが向いているのかということも考えてみましょう。

意味合いとして「創立」と物凄く似ていますが、大きく違います。

「創立」は個人事業主や会社を立ち上げたときに使用することができます。
しかし「設立」は、会社を法人化したときにしか使用できません。

会社によって「創立日」「設立日」が異なる場合があります。
事業を開始するために会社を立ち上げたときを「創立日」とし、その数年後に法人企業として登記した日を「設立日」とするからです。

昔からある老舗企業なんかだと、その傾向が強いですね。

パナソニック株式会社 創業1918年 設立1935年
シチズン時計株式会社 創業1918年 設立1930年
株式会社大戸屋ホールディングス 創業1918年 設立1930年

「起業」とは

「起業」とは新しく事業を始めることを言います。

意味合いとしては「創業」と大差ありません、というより殆ど同じです。

しかし、「起業」「創業」には決定的な違いがあります。

「創業」は過去のことのみを指しますが
「起業」は現在、そして未来のことも指すことができます。

「来年創業する予定」と聞くと違和感がありますが
「来年起業する予定」と聞くとしっくりきますね。

また、近年「起業」には「ベンチャー」「スタートアップ」など、比較的新しい場面で使われる特徴があります。

「創業」と比べ「起業」には、チャレンジするという意味合いが含まれているようです。

「開業」とは

「開業」もまた、新しく事業を開始することを言います。

「創業」「起業」と意味合いは同じですが、「開業」は飲食店や販売店として事業を開始するときに
使用されることが多いです。

また、個人事業主として事業を開始する際には「開業届」を税務省の方へ提出しますが
会社を立ち上げて事業を開始する際には「法人設立届出書」を提出します。

ここからも、個人事業主としては「開業」を、会社を立ち上げる場合は「設立」を使用するということですね。

おまけ

上記の6つのほかに「独立」という言葉があります。

この言葉は「独立して起業する」というように
「起業」と一緒に使われることが多いですね。

結構「独立」「起業」を一緒に考えている方が多いのではないでしょうか?

「独立」の文字を紐解くと「独り立ち」という言葉になりますが
ビジネスの場においては、勤めている会社を辞めて、その経験やスキルを活用して同業種で起業することを指します。

例を挙げると
美容院で働いていた人が、自分で美容室を開くことを「独立」と言い
美容師で働いていた人が、新しくwebデザイナーとして事業を始めることを「起業」と言うことになります。

フリーランスで働く人はほとんどが「独立」に当てはまるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
また最後に簡単に6つの特徴をおさらいしましょう。

「創業」・・・事業形態に関わらず、事業を開始した日のことを指す。
「創設」・・・大きな枠の中で新たに組織や施設を立ち上げることを指す。
「創立」・・・0から会社や施設を立ち上げた日のことを指す。
「設立」・・・法律に基づき正式に法人組織として登記することを指す。「創立」と時期が異なることがある。
「起業」・・・新しく事業を始めることを指す。「創業」と比べチャレンジするという意味が含まれている。
「開業」・・・新しく事業を始めることを指す。飲食店や販売店を始めるときに使用することが多い。

こうして見ると、同じ意味合いでも使用する場面や状況にしっかりと違いがありますね。

「創業」「創設」「創立」「設立」「起業」「開業」の特徴や違いについて知ることができましたか?

起業するにあたって、ノウハウや事業についての知識はもちろん必要ですが
基礎知識の方は疎かになっていませんか?

IMでは、起業のノウハウはもちろんのこと、起業の基礎知識のことまで学ぶことができます。
起業とは何か?起業する目的は何か?
0から学び実践することができるコミュニティです!

更に上記にもありますが、起業にはチャレンジすることの意味も含まれています。
つまり、チャレンジすることが起業の始まりなのかもしれませんね!
そんなチャレンジする機会が、IMに参加するとたくさん訪れるようになります!

今なら起業するための11ステップをプレゼント中です!

右下のLINE追加ボタンを押して僕たちと起業仲間になりましょう!

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

阿部 記事一覧
新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
利川 記事一覧
福島 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
薫堀井 記事一覧
寺西悠 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ