IM BlogIM ブログ

2021.7.2

【起業を考えているあなたへ】起業までの流れを解説してみた

ひとりで 起業

こんにちは!
IMマーケティング事業部の松田慈(マツダシゲル)です。

・現在起業しようとしている

・起業しようとしているが具体的な流れがわからない

・将来起業を考えている、もしくは興味がある

こんな方々がご覧になっているのではないでしょうか。

今回は起業に向けて準備、検討している方々に対して、起業をする方法の基本的な流れを具体的にご紹介します。

このブログを最後まで読むことで、起業に対してより一層イメージしやすくなり、起業に向け行動できようになります。

それではいってみましょう!

 

どんな事業で起業したらいいの?

 

起業の流れを説明する前に、「起業したいけどアイデアが出ない」など、興味はあるものの何で起業していいのかわからない方もいますよね。

至ってシンプルで、アイデアを出そうとする前にそもそも自分が「何をしたいのか」「何が自分の強みなのか」を考えてみましょう。

アイデアを出そう出そうとしても中々出てきません。

ぼくはよくアイデアが浮かぶ時にありがちなのは、自分が好きなものなど、想像や妄想をした時です。

突然出てくる時がよくあるので、ぜひ実践してみてください。

その他、詳細については下記のブログをご覧ください。

【起業初心者必見】起業って何から始めたらいいの?徹底解説
https://incubators-market.com/entrepreneurship-from-what/

 

 

組織の形態を決める

「個人」か「法人」か

まず最初は、どのような形態で起業するか、です。

起業の形態には、大きく分けて「個人事業」「法人」かの2種類があります。

「個人事業」の場合は、法人に比べて起業の手続きが簡単で、起業した後も事業運営が比較的ラクですが、会社に比べると信用が低い点がデメリットです。

「法人」は、会社を作って起業する方法です。

設立手続きと、起業後の経理などが面倒ですが、取引先や銀行に対しての信用度は高くなります。

法人にも何種類かあり、主にこれから起業される方であれば、「株式会社」か「合同会社」を選ぶことになると思います。

それぞれの特徴をきちんと理解して、どちらの形態で起業するのかをまずは考えてみましょう。

 

このタイミングで決める必要は?

組織形態を決めるのは、次のビジネスプランなどを考えた後でも良いのでは?と思われるかもしれません。

敢えてこのタイミングで「個人」か「法人」かを考えるのは、自分が起業によってどの規模で事業を行いたいのかを最初に考えた方が良いからです。

人を何人も雇って将来的には規模を大きくしたいのか?

それとも、こじんまりとした商売をした方が自分には合っているのか?

一般的なビジネスであれば信用が必要になるので会社形態の方が良いですが、カフェなどの飲食店であれば個人事業でも良いかもしれません。

ビジネスの形態によって、税金や社会保険にも大きな違いが出てきます。

理想は、この段階から専門家に相談してアドバイスをもらうことをお勧めします。

 

 

事業計画を作る

自身が決めたアイデアを具体的な計画に落とし込んでいきます

どんなに素晴らしいイメージができ上がっていても、今の段階ではまだアイデアで止まっている段階なので、これを実現可能な計画になるよう数値で検討します。

 

・1年間でどれだけの売上が上がるのか、そのためには1ヶ月または1日当たりどれくらいの売上が必要か

・売上を上げるための原価やコスト(経費)はどれくらいかかるのか

・事業を行うために必要な固定費(オフィス賃借料や備品、人件費、水道光熱費など)はどれくらい掛かるか

・開業資金はどれくらい必要で、どうやって揃えるか

 

これらを、客観的に、現実的な眼で考えます。

「これくらい売れたらいいな」という楽観的な希望だけでなく、最悪のケースも考えておく必要があります。

ここではざっくりまとめたものなので、あまりイメージが湧かない方が多いかと思います。

具体的な説明は、少し長くなるので最後のまとめで説明いたします。

 

 

起業に必要なものを用意する

仕事をするためのオフィスが必要なら、飲食店なら店舗の賃貸契約を行い、内装や外装の工事を依頼します。

電気・ガス・水道などの開通手続きや、インターネットや電話回線などの手続きも必要です。

また、オフィスや店舗の備品を購入したり、宣伝のためにチラシやホームページを作成したりします。

この辺りから、ようやく起業が現実的なものになってきます。

あくまで店舗型の場合の話でしたが、インターネットが発達しているこのご時世、わざわざ店舗をもつ起業方法でなくても起業できます。

自身のノウハウをまとめた商材、アフェリエイトなど、インターネットで完結するものであれば、上記を準備する必要はなく、パソコン、あわよくばスマホのみでも可能です。

できるだけ初期費用は抑えましょう。これ、めちゃめちゃ重要です。

起業して一発でガッツリ成果が出るとは限りません。

リスク(経費)は最小限に抑えて、軌道に乗れば事業投資していきましょう。

 

 

開業手続きをする

ここまで来たら、あとは開業手続きだけです。

会社であれば公証人や法務局への会社設立の手続き、税務署や自治体への開業届、社会保険関係の手続きを行います。

個人の方は、税務署や自治体への開業届を出せば基本的にはOKです。

許認可が必要な事業であれば、所轄官庁への手続きも必要です。

手続きが済んだら、事業用の銀行口座も作っておくとベストです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。この流れで起業はできます。

起業は準備が命ですが、同時に環境も同等に大事です。

起業は割とすぐできるものの、起業してからの継続力、修正もしていかなければなりません。

継続力はやらざるを得ない環境に身を置くこと、修正の仕方は実際に起業して実績を残している方にアドバイスを聞くことがベストですし、とてつもなく効率が良いです。

そんな両方を兼ね備えている環境がインキュベーターズマーケット(通称IM)にはあります。

起業に向けて、より細かな流れを具体的に学べます。

ぼく自身も、起業とは無縁の生活でしたが、0から徹底的に学び自ら収益を生むことができております。

自身で汗げるようになりたい方は、IMの公式ラインを登録してみてください。

登録するだけでも起業に向けて必要な情報を学ぶことができます。

あなたとともに学べることを楽しみにしております!

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
薫堀井 記事一覧
寺西悠 記事一覧
藤原 優作 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ