IM BlogIM ブログ

【モチベーションが保てない人必見!】事業へ向き合う姿勢を見直そう

こんにちは!IMマーケティング事業部の岩田です!

自分の事業に打ち込む中で、緊張の糸が切れてしまうことはありませんか?

モチベーションを維持するのが難しいと考えている人も多いはずです。

起業家といえど、やはり人間ですから気が緩んでしまうのも当然です。

しかし、気が緩んでしまえばそれは大きなミスにも繋がりかねません。

起業家として、自分のサービスや商品を満足に届けるためにも、一度帯を締め直していきましょう。

そこで、今回は自分の事業に向かい合う姿勢やモチベーションを保つ上で、意識すべきものを簡単にお伝えしていきます。

改めて自分の事業に目を向けることで、モチベーション維持に努めましょう!

マインドセット術はこちらのブログでもご紹介してます!

https://incubators-market.com/entrepreneur-mindset/

事業を行う「なぜ」を考える!

あなたがその事業を行う理由はなんですか?

シンプルな質問ですが、今回のブログのテーマの確信をつく質問だと思います。

私含めそうですが、日々の仕事に追われていると、この本質を見失いがちです。

向かうべきゴールを見失ってしまえば、フワフワとしてしまうのは必然です。

やる気力や心が少し緩んでしまっていると感じるのであれば、一度初心に帰ってみるのもいいかもしれませんね。

また、長期的な目標だけでは必ず中弛みが起きてしまうもの。

1週間・1ヶ月・1年といったように、目先の目標も細かく設定することがやる気を保つコツです。

一度立ち止まって初心を振り返ってみましょう!

あなたを作るのは事業環境!

また質問ですが、

◉あなたは、今の仕事が好きですか?

◉毎日楽しく働き、有意義な時間を過ごせていますか?

◉日々、自分の成長を感じていますか?

◉今の仕事に満足していますか?

これらの満足度が十分でなければ、あなたの事業はあまりうまくいっていないのではないでしょうか?

起業家は多くの時間を事業に充てるわけですから、その事業にあなた自身が魅力を感じていなければ、上手くいくものもいきません。

また、あなたの仕事への取り組み方、仕事に対する意識や考え方、私生活の態度や言動などにも悪影響を及ぼします。

仕事への愚痴や上司の悪口、店員さんへの素っ気ない態度や横柄な対応など、そんなあなたを見た取引先の方はどう思うでしょうか?

見ている人はそういった細かい所も見ていますので、信頼を失わないように日頃から意識していきましょう。

あなたの取り組み方ひとつでこれらは大きく改善します。

あなたの事業の魅力を多くの方に伝えられるように、環境を整えていきましょう!

「ホウ・レン・ソウ」で信頼を勝ち取れ!

 

手っ取り早く意識でき、姿勢を正せる方法といえば「ホウ・レン・ソウ」。

物事を円滑に進める上では、この「ホウ・レン・ソウ」はとても大切になってきます。

仕事でもプライベートでも恋愛においてもです。

「ホウ・レン・ソウ」とは、「報告・連絡・相談」のことを意味します。

何も報告や連絡などが無ければ、相手は事業や予定の進行具合がわからず、心配や気掛かりを生んでしまいます。

それは言い換えれば、相手の時間を奪ってしまうということ。

時間とは有限でありとても貴重なものですから、起業家であるなしに関わらず大変嫌われる行為です。

相手に聞かれる前に「ホウ・レン・ソウ」することを日頃から意識していきましょ。

また、報告には3種類あります。

◉事前報告

◉中間報告

◉完了報告

これがどれか1つだけできているというのも良くありません。

事業を進めていく上で事前の準備、進行具合を確認することで問題の早期発見、最終確認をチェックすることはとても大切です。

後から問題に気付いていては、取り返しがつかないことにも繋がりかねません。

先手先手を意識しながら事業だけでなく、プライベートの中でも意識して習慣にしていきましょう!

心を動かすには伝え方!

自己分析

慣れていない頃は事業や商品の説明を端から端まで行っていましたが、慣れてくると簡潔化し雑な部分も出てくることでしょう。

相手の心を動かすためには、あなたの伝え方が全てです。

伝え方次第では、商品の魅力は伝わらないですし、最悪イヤな印象も与えかねません。

そこで最後に、心を動かす伝え方をご紹介していきます。

もし、おざなりになっている方がいれば、改めて意識していきましょう!

結論から話す

とてもベタですが、結論から話すということは自分が本当に言いたいことを伝えるのに有効な方法です。

関係ない話が間に入ってしまうと、「結局何が言いたいの?」と相手に思わせてしまうからです。

また、話を聞いてもらうと言うことは、先ほどと同じように相手の時間を奪う行為でもありますので、話は簡潔に結論から伝えるようにしましょう!

相手の脳みそになって話す

言い換えれば「相手の目線で話をする」ということです。

◉今聞き手は何を求めているのか?

◉どんな話を聞きたいのか?

◉どんな気分で話を聞いているのか?

◉今、話を聞く余裕があるのか?

などなど、相手の脳みそになるには、相手の表情や雰囲気を見て、相手が何を考えているのかに常に目を向ける必要があります。

相手が話を聞く余裕が無いのにゆったりとしたペースで話せば鬱陶しがられますし、逆に落ち着いている人に焦って話せばせっかちだと思われます。

相手の状況に合わせて、声のトーンやペースを掴むことが、話を適切に伝える上では大切なのです。

相手の聞く姿勢を生み出す

相手に話を聞いてもらうには、まず相手にも聞く体勢を整えてもらう必要があります。

話に入る前に、

「これだけは伝えておきたいんですが」

「ここからが本題なのですが」

「○○さんにしかご相談できないんですが」

この様に話始めに、相手が「おっ大事な話が始まるぞ」と一度姿勢を正す時間を作ることで、相手にも余裕が生まれます。

伝えたいことをよりスムーズに相手に理解してもらうためにも、この一手間を惜しんではいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか?今一度、気を引き締めるポイントは見つかりましたか?

慣れてきて効率良くなるのと、雑になるのは全くの別物です。

どうしても気が緩んでしまう時が生まれるのは仕方がないことですが、そこで一度立ち止まって引き締められるかどうかが、起業家として成功するために必要になってきます。

私が所属しているインキュベーターズマーケットでは、様々な業種の起業家の方がよりハイレベルな起業家になるために、起業家に必要なことを学び合っています。

私自身もたまに気分が沈み、どうしてもモチベーションを保てない時があります。

そんな時、インキュベーターズマーケットの仲間に相談に乗ってもらったり、話を聞いてくれるだけですごく支えになっています!

頑張っているのは自分だけではないんだ。と思える環境は、起業家を目指す者にとって大変ありがたい環境です。

もしあなたが起業をしてみたい、環境を変えてみたいと思うのでしたら、最高の仲間と一緒に夢を叶えませんか?

少しでも興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、公式LINE@の登録をお願いいたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。以上、IMマーケティング事業部の岩田がお届けしました!

あなたの
新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップで
スキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

こんな思いありませんか?

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

IMで全てを手に入れる事ができます!


IMのメリット

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

01

あなたの経験を元に強みを活かした
商品・サービス作りを0からサポート。
唯一無二の事業を一緒に作れる!

02

IM講師とコンサルが受けられ、
事業の悩み・問題点を聞いてもらい、
改善案や戦略を教えてもらえる。※通常中小企業だと30万円相当

03

IMの仲間達とチームを作り、
お互いの成果・反省・目標設定を行いながら
お互いを高め合える環境が整っている。
(1回/月ミーティング定期開催)

04

定期開催のセミナーでここでしか聞けない
起業家のリアルな声・
体験談(成功・失敗)を聞け、
最短収益化の近道を知る事ができる!?
(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

阿部 記事一覧
新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
渡邊 知春 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
利川 記事一覧
福島 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
薫堀井 記事一覧
寺西悠 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ