IM BlogIM ブログ

2021.2.8

クリエーターは抑えるべき!商品と作品の違い

こんにちは! IMマーケティング事業部の稲森寛幸です。

あなたは日々いろんな買い物をしていますよね?
その中で食品、日用品、雑貨、本など様々なものを買っていると思います。

その中で商品・サービスと作品の違いを考えた事があるでしょうか?

基本売り物は商品・サービスなんじゃないのと思うかもしれませんが、商品と作品だと定義が違います。

もしこれから

・あなたの作りたいものを届けたい
・クリエイターとして食べていきたい
・あなたらしさを表現する仕事をしたい

と思うのであればこの違いを理解しなくてはいけません。
これからあなたらしいモノを作りたいと思う人は参考にしていただけたら幸いです。

商品・サービスの定義とは?

 

結論、顧客のニーズにあったものを提供することです。

あなたが望んでいることや悩んでいることを解決してくれるのが商品・サービスの定義になりす。

例えば
本を書店まで買いに行く時間がないとしたら、Amazonでポチれば家まで本を届けてくれり、
DVDをTSUTAYAで借りる・返すのが面倒くさかったらNetflixやHuluなど月額で映画やアニメが観れるサービスを利用する。

など顧客目線で考えてモノ・サービスを作るのが前提であります。

逆に時代の変化に対応できなかった、書店やTSUTAYAは数が少なくなってきています。
変化に対応できる企業は生き残り、対応できない企業は潰れてしまいます。
いかにスピード感をもって変化に対応できるかが今後の鍵になりますね。

作品の定義とは?

結論、作者が自分が届けたいものを顧客に届けることです。

顧客目線ではなく、自分目線で届けたいものをお客さんに投げるのが作品の定義です。

多くの作品と呼ばれるものの中にはニーズを考えて出しているものがあったりします。

例えば
少女漫画の映画化でイケメン俳優を多く揃えてそれで集客をする。
それは作品が良い・悪いとかではなく、イケメン俳優が多くいるからヒットしているとか、漫画に俳優があってないからダメだったというふうになってしまい顧客のニーズに合わせた商品になってしまっているパターンもあります。

そうなってくると作品の収益で次の作品を作るクリエイターは
最初の作品がヒットしないと次回作か作れない=ヒットさせる為に顧客のニーズにある程度合わせなければいけない。
という風になってしまいます。

ニーズに合わせたクリエイターは多くいるので、自分らしさを表現する事ができず面白みがなくなってしまいます。
どこにでもいる表現者としてあなたの希少性がなくなります。

作品を作るクリエイターに必要なものとは?

クリエイターで自分が届けたいものを作るには作品でお金を稼ぐ仕組みを変えていかないと作品を作り続けていくのは厳しいです。

必要なのは作品以外の収入源を確保することだ!
これはクリエイターのみならず会社員でも同じ事が言えます!

他の収入源を確保する上で知っておくポイントとして、インフロント商品バックエンド商品を理解しておいた方が良いです。

インフロント商品とバックエンド商品とは?

インフロント商品は集客用の商品
マクドナルドでいう100円ハンバーガーなど、売れてもほぼ利益にはならないモノ
バックエンド商品とは利益が出る商品
ポテトやドリンクなどの原価が低く、利益率が高い商品のことを指す

多くのお店はバックエンド商品で利益を出す為にまず、インフロント商品で集客して、そのついでにバックエンド商品を買ってもらう仕組みになっている。

要するに集客用の商品、利益を出す為の商品が必要不可欠になってくるということです。

商売の原則として認知されない商品が売れることはありません。
何故なら知らないものは誰にも買ってもらえないです。
その為に広告やクーポン、SNSなどを活用し、集客用の商品が必要になってきます。
認知→集客→購入→リピートに繋がりそこから定期的に買ってもらえる様になります!

クリエイターがバックエンド商品を作るのが難しいと思うなら作品ができるまでの過程を有料化させ共有する方法もあります。

キングコング西野亮廣さんのオンラインサロンではその様な方法でバックエンド商品をオンラインサロンという形で運営しています。

作品とその作品が出来るまでの時間はどちらが短いか?
鬼滅の刃の映画は今でも見れるが、
鬼滅の刃が出来るまでの過程はもう見る事ができないです。

時間が少ないのは作品が出来るまでの過程であるため希少性が高いのは圧倒的に出来るまでの過程です!
クリエイターの方はそこを抑えておくとあなたらしい作品を作っていけるかもしれませんね。

まとめ

今回は作品と商品の違いから学べることを解説させていただきました。

・あなたにあった副業
・あなたのやりたい仕事
・あなたを表現する仕事

でも、同じ事が言えるので参考になれば嬉しいです。

私たちが所属しているIM(インキュベーターズマーケット)のオンラインサロンでも一人一人に合ったコンテンツ作り&サポート、事業立ち上げなどをしています。
個人でスキルを身につける「個の時代」から
スキルを持った人たちとチームを作る「集落の時代」に変化していきます。

今後
・スキルを身につけ稼ぎたい
・起業家、投資家と繋がりたい
・意識の高いメンバーとチームを作りたい

という方は様々なオンラインサロン&コミュニティーの選択肢の1つとしてIMに入ってみませんか?

あなたと一緒にチームとして高め合える存在になれたら嬉しいです。

興味のある方は特典豊富無料のLINE@を登録してください。

今無料のLINE@に登録すると ↓

未経験から起業家になるためのノウハウを無料で公開

【特典①】
起業家に必要な基礎知識の動画をプレゼント
・お価値もちになろう
・ビジネスの4原則
・最強のビジネス戦略

【特典②】
1万人以上の人生・起業経営相談の実績、0→1を作るプロのコンサル初回だけ無料

※通常中小企業の場合30万円※

【特典③】
超有料級の話が生で聴ける!

YouTube生配信のアーカイブ配信 ・社長のリアル(起業家、社長の体験談、失敗談、戦略などここでしか聞けない裏話を公開)
・起業の0→1(0スキルからどうやって稼ぐか?起業に必要な知識を学習しながら起業への最短ルートがわかる!?)

まずはLINE@(無料)に登録 https://line.me/R/ti/p/%40202sxxeu

IMは日本一の起業家育成コミュニティを目指しています。

IMは”起業に必要なすべてを学ぶことができるコミュニティ”です。
これから起業を目指していきたい方、起業やビジネスについて学びを深めていきたい方、
同じ志を持った仲間たちと共に学び、起業し、成長していきませんか?

           

LINEIM公式LINEのご登録はこちら

IM公式LINE 友達追加

配信無料コンテンツ

  • 社長のリアル(毎週火曜21時〜22時生放送:録画配信も配布)
  • 起業の0→1(毎週木曜21時〜22時生放送:リアルタイム配信のみ)
  • 一部有料コンテンツの体験講義受講可能(お価値持ちになろう、ビジネスの4原則、最強のビジネス戦略)

配信有料コンテンツ

               

月額11,000円(税込):学生5,500円(税込) 初回無料面談有

  • グループコンサルティング
  • 個別コンサルティング
  • 各分野に特化した専門家の特別コンサルティング
  • 特別講義動画(財務、事業計画書作成、市場分析、自己変革、ブランディング、目標達成、セールス、学び方、WEBマーケティング等)
  • メンバー限定特別優待価格合宿のご案内
  • 月一回の対面セミナー&交流会(名古屋開催、Zoom配信参加あり)
  • Zoom(オンライン)でのセールスセミナー
  • Zoom(オンライン)での起業、ビジネスセミナー
  • ビジネストレーニング
  • メンバー同士での成果報告会
  • マーケティング特別講師によるWEB集客実践講義(SEO対策、SNS集客、Youtube集客、WEB広告実践等)
  • 名古屋大須にあるインキュベーションスペース(コワーキングスペース)を自由に使用可能。
  • LINEにて講師に24時間質問可能
  • メンバー同士によるZoom自主勉強会、セミナー開催
  • 会社登記にかかる費用約30万円が0円に!!(創業支援サービス)
  • 電気ガス水道wifiスマホ代がどこよりも安く使える(コスト削減サービス)
  • 創業融資の支援(起業時) ※事業計画サポート含む
  • 通常融資の支援 ※事業計画サポート含む
  • 事務所探しや移転などの支援
  • 助成金・補助金の支援
  • 名刺制作、HP制作、パンフレットなど起業に必要な物が全てお得に提供可能。
  • 営業商材、200種類完備(フリーランスをやりたいが、売るものが欲しい方はお声がけください)優良案件を多数取り揃えています(主にBtoB)
  • インフルエンサー企業とのタイアップ(インフルエンサーになり、企業から報酬を得る為の支援)
  • 在宅ワーク支援(自宅にいながらリモートで働けるような仕事を豊富に提供)
  • フリーランスに必要なものをほぼ完備しています。
  • 弁護士や税理士など専門家のサポートあり。

※有料コンテンツは随時追加されていきます。

※有料コンテンツをお申し込みの場合は、ご入会前に特別無料コンサルティングを行うことができます。

LINEIM公式LINEのご登録はこちら

IM公式LINE 友達追加

この記事をシェアする

一覧へ