IM BlogIM ブログ

2021.4.10

コロナ過だからこそできる稼げる在宅起業4選。知ってるか知らないかで大きく差が開く

こんにちは、IMマーケティング事業部の榊です。

あなたはコロナ過の中どうお過ごしですか?

飲食店も長い時間営業をしておらず、友人と会えない日々が続いているのではないでしょうか?

そんな中、Netflixを見て暇を潰す人もいれば、何か副業に挑戦しようとしている人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな何か副業に挑戦している方必見の内容になっております。

ピンチはチャンスという言葉がありますが、コロナ過だからこそできることがあります。

在宅勤務が増え、時間が空いた今だからこそ普段できないことに挑戦しましょう。

コロナ過をどう過ごすかで今後の人生が大きく変わります。

自分の軸を決める

Webメディア

まず初めに、「在宅起業」と言っても、

・どのくらいの収入が欲しいのか?
・どのような活動をしたいのか?
・ビジネスを通して何を達成したいのか?

と言ったことを、自分の中で明確にしておく必要があります。

むしろ、ここを何も考えず、例えば「簡単に稼げそうだから」言って手を出すと、とんだ痛い目に会います。

側から見たら簡単そうに見えたけど、実はとんでもなく大変で、しかも思っていたものと全く違った…なんてことは良くある話です。

なので、「月3万円くらいで良いから本当に簡単なものを…」と選ぶのか、それとも「起業するなら、少し大変でも真面目にやれば月100万円以上は稼げるもの」を選ぶのかによって、最適なビジネスモデルが変わってきます。

物販モデル

1つ目のビジネスモデルは「物販ビジネス」です。

物販ビジネスとは文字通り、商品をネットで販売して稼ぐビジネスです。

とはいえ、一言で「物販ビジネス」と言っても、細かく分けると、国内転売、輸出転売、輸入転売、さらにそれぞれ有在庫の手法、無在庫の手法など、方法は様々です。

ですが、本質は同じで、ネットを介して物品を販売するビジネスになります。

このビジネスモデルのメリットは、何かに特化した専門的な知識や経験が必要ないことにあります。

つまり、物品には既に一定の価値があるため、情報を販売するよりもビジネスのハードルが低くなります。

イメージとしては、既に世の中にある物を、欲しがっている人にネットで届けるようなものです。

なので、副業やネットビジネス初心者、あるいはこれから起業したいけど使える知識も経験もない、という人には、非常に取り組みやすいネットのビジネスモデルと言えます。

ネットショップ運営

ネットショップも、最初のビジネスモデル同様「物品」を販売するビジネスになります。

が、ここで分けたのには、次のような理由があります。

それは、1の物販ビジネスは、AmazoneBay、メルカリなどを使って転売をするモデルです。

そしてこのネットショップは、ネット上に自分のショップ(店)を作って、物品を販売していくモデルになります。

ネットショップには、例えばYahoo!や楽天などと言った、プラットフォームと呼ばれるサイトにお店を作って販売する方法。

あるいは、自分独自でサイトを作って、そこをお店として販売する方法の2つがあります。

どちらにもメリットとデメリットがあるため、私の知人は両方を使ってビジネスをしています。

つまり、楽天でもショップを作り、また独自でもサイトでショップを持っています。

楽天やYahoo!などのプラットフォームを利用すると、より集客が簡単になることは確かですが、手数料が高かったり、顧客がライバルへと移っていく確率も高くなります(プラットフォームの場合、ユーザーは“そのサイトで買っている”と思っているため、ショップを覚えていないケースが多い)。

無料で独自ネットショップを運営していきたいという方には、無料でネットショップが作れる「カラーミー」や「BASE」といったサイトを利用されると良いでしょう。

セミナー開催

起業 マーケティング

セミナービジネスは、その名のとおりセミナー講師として活動するビジネスモデルです。

セミナービジネスは自分の知識や経験、スキル、ノウハウなどを人々に教えることで稼ぐモデルです。

例えば、「物販ビジネスで稼ぐ方法」のセミナー、「超簡単にナチュラルな美人メイクをする方法」のセミナー、「好きなことで独立する方法」のセミナー、「2〜30代の独身男性向けの異性にモテる方法」セミナーなどがあります。

基本的には、その情報に対して十分な数の需要があるなら、セミナー講師として稼ぐことができます。

稼ぎ方としては、例えばSNSやブログなどで、参加費1〜2万円でセミナー集客して参加費を稼ぐ方法。

あるいは、参加費を0円〜3,000円などの低価格にして、参加者に10万円や20万円のコンテンツやサービスを販売して稼ぐ方法。そのどちらかです。

言うまでもなく、後者のほうが稼げる金額は多くなります。

でもなぜセミナービジネスをネット起業で紹介してるかというと、集客はネットで行うからです。

そして、実際に会場を借りて人を集めてセミナーをする代わりに、セミナーを動画収録して、それをネット上で流すこともできるからです。ネット上で完結させることも可能になります。

セミナービジネスに興味がある方は、このような「セミナーズ」などで開催されているセミナーに、偵察として参加してみるのも良いでしょう。

コミュニティ運営

ネット起業の中で最も難易度が高いのが「コミュニティビジネス」です。

コミュニティビジネスは、期間を決めての参加費、あるいは月額課金式の参加費で、会員制コミュニティ(組織)を運営するモデルです。

最近ではビジネス系のコミュニティが増えてきていますが、これは趣味でも構いません。

例えば、すでにあるコミュニティとしては、「男性に愛されるための料理愛好会」だったり、「女性限定の登山クラブ」もあります。

あるいは男性向けであれば「武術を学ぶコミュニティ」、「英会話コミュニティ」と言ったものもあります。

これらも、それぞれ3〜6ヶ月で30万円ほどの参加費を取って運営されています。こちらも、最近多いのはネット上でのコミュニティですので、コストもほとんど掛かりません。7〜8割は利益です。

そしてもちろん、コミュニティに参加している方々に、別の商品をアフィリエイトしたり、販売することもできるため、ほぼ全ての起業家が目指すべきモデルである、とも言えます。

あなたの趣味や情熱のあることで、作れそうなコミュニティは思い当たりますか?

最後に

今回は在宅起業にフォーカスして稼ぎやすい業種を4選紹介しました。

どれも一定の需要があり、正しくビジネスを学べば確実に稼げるビジネスモデルです。

しかし、そうなると「正しいビジネスってどう学べばいいんだろう?」という疑問が浮かびますよね。

ネット上には様々なコンサルやスクールがありますが、どれも高額で実際に稼げるかわからない。もしかしたら詐欺かもしれない。

そんな不安が出てきますよね。

そんな方必見です。

僕の所属しているインキュベーターズマーケットではありとあらゆるビジネスに対しても網羅的に学ぶことができます。

大抵、ビジネスを学ぶとなると一括で多額の額を支払うことになると思いますが、インキュベーターズマーケットでは月額1万円で入会することができます。

そのため辞めたくなったらいつでもやめることができます。(そんなことはないと思いますが)

何か挑戦したいけど、何から始めたらいかわからないという方はぜひ入会お待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

IMマーケティング事業部の榊でした。

あなたの新しい挑戦を
全力で応援

IMでは副業→独立・起業のステップでスキルアップ&商品開発(0→1)を作れる最高のコミュニティです!
起業で一番必要な本気で高め合える仲間に出会えます!

IMはこんな人に
オススメ

  • 起業を0から学びたい
  • 自分の夢を実現させたい
  • 最高の起業仲間を作りたい
  • チームで事業開発をしたい
  • 会社を辞めて独立・起業したい
  • 独自の商品・サービスを作りたい
  • 個人で稼げる知識・スキルを身につけたい

上記に当てはまる人はIMで全てを手に入れる事ができます!

あなたの強みにコミットし、
0から事業をつくる

メリット1

あなたの経験を元に強みを活かした商品・サービス作りを0からサポート。唯一無二の事業を一緒に作れる!

メリット2

IM講師とコンサルが受けられ、事業の悩み・問題点を聞いてもらい、改善案や戦略を教えてもらえる。
※通常中小企業だと30万円相当※

メリット3

IMの仲間達とチームを作り、お互いの成果・反省・目標設定を行いながらお互いを高め合える環境が整っている。(1回/月ミーティング定期開催)

メリット4

定期開催のセミナーでここでしか聞けない起業家のリアルな声・体験談(成功・失敗)を聞け、最短収益化の近道を知る事ができる⁉️(質疑応答あり)

\今しかもらえない/

起業成功のための11ステップレポート

&

IM講師陣による特別対談音声

無料でプレゼント
実施中!

IM公式LINE 友達追加

カテゴリー

投稿者一覧

新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
chihaya 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
中根実希 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
しげしげ 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
寺西悠 記事一覧
藤原 優作 記事一覧

この記事をシェアする

一覧へ