CREST Blogクレスト ブログ

2021.12.8

コミュニティ運営を成功させる秘訣は?コミュニティビジネスのノウハウを伝えます

community

自分史上最高に出会える熱狂を生む居場所
無料体験レッスン受付中

無料体験レッスン受付中

「今のままじゃダメだと思うけど何から始めたらいいか分からない」
「興味あることが沢山あって、迷ってしまう」


やりたいことが見つからない方
何かやりたいけど見つからない方へ。

Crazy Storiesはあなたが史上最高の自分になれるお手伝いをする環境です。
15以上のコースが受講し放題で、今の時代に求められるスキル形成や、自分らしい働き方を実現するための次世代型キャリアアップを実現しませんか?

オンライン、オフライン開催の参加費無料体験会と、
公式LINE限定の入門テキストを公開しています!
Crazy Storiesを最大限活用して、自分のやりたい事やこれだ!と思えることを見つけてみませんか。

まずはCrazy Stories公式HPまたは、Crazy Stories公式LINEをご覧ください

LINEを追加して
テキストを受け取る
Crazy Storiesを詳しく知る

こんにちは、CrazyStoriesマーケティング事業部の山田です。

コミュニティ運営」と聞いてみなさんはどんな事を思い浮かべるでしょうか?

・集客が難しそう?
・まず何からやればいいのかわからない。
・コミュニティ運営を始めてみたけどうまくいかない!

などとそれぞれ抱えている課題悩みがあるかもしれませんね。

これからコミュニティビジネスを始められる方ももうすでに始めている方もこの記事を読みブラッシュアップして、コミュニティ運営を成功に導いていって欲しいと思います。

共通のビジョンや想いを抱く人たちとコミュニティを構築し、継続的に運営していきたいですよね。

今回は、コミュニティ運営とは何なのか、という所からメリットやデメリット、立ち上げ方法や成功させるためのポイント、気をつけるべき点などのノウハウも詳しくお伝えしていきます!

 

コミュニティ運営とは

business

みなさんが思うコミュニティ運営とは何ですか?

今世の中には多くのコミュニティが存在しますよね。
ママコミュニティやスポーツコミュニティ、朝活コミュニティや起業コミュニティなど本当に沢山のコミュニティが存在すると思います。

community(コミュニティ)は英語で「共同体」「地域社会」を意味する語であります。
近年では当たり前のようによくコミュニティという言葉が使われていますが意味を問われると難しいですよね。学者によっても定義は人それぞれです。コミュニティはビジョンや考え方、生き方や在り方、想いなど、共感や共通の絆などから人が集まって成り立っていると私は感じています。

コミュニティ運営のメリット

そんなコミュニティを運営するメリットとデメリットをお伝えします。

まずメリットとしては、同じ想いやビジョン、目標に向かって頑張っている仲間ができていくため高め合うことができます。

またコミュニティ仲間の強みや得意なこと、職業なども様々ですので、例えばHPを作って欲しい時にコミュニティ内で作れる方にお願いできたりと協力し合って、共にビジョンに向かって走ることができるでしょう。

コミュニティ運営のデメリット

一方デメリットとしては、世の中に多くの魅力あるコミュニティが存在するため、立ち上げても思うように人が集まらない可能性があります。

また、場合によってはコストがかかる可能性もあるため、その部分の計画はしっかりしておきましょう。

コミュニティ運営の立ち上げ方法

business

まずは1人でも始められそうならとりあえず始めてみましょう。
自分の想いにそって企画し、「イベント」として開催するのがやりやすいと思います。イベントを開催する中で参加者の声を聴いて修正していったり、参加者側から運営メンバーにまわる方もいるかもしれませんよね。まずは少人数からスタートさせてみましょう。少人数で行っていく事で参加者が当事者意識をもって取り組んでくれる可能性が高くなります。コミュニティが活性化し熱量が生まれるとそれに比例して人数も増えていくでしょう。

とにかく最初は自分がやりたい事をとりあえずやってみる事、思いっきり楽しんでやる事が大切です。楽しそうな人のところには人が集まってきます。

まずは一歩を踏み出してみましょう!

それでもちょっと不安だな、どうすれば良いかわからないという方は、CrazyStoriesにエントリーして下さい。CrazyStories(クレイジーストーリーズ)は起業コミュニティで起業の0から1をそれぞれの課題やニーズに合わせて学ぶことができます。今後コミュニティ運営やビジネスを始めていきたい、加速していきたいあなたもきっと必要な学びが得られ役立つことでしょう。

コミュニティ運営を含め起業について学びを深めたい方はこちら↓

https://incubators-market.com/entry/

 

コミュニティ運営を成功させるために大切なポイント

①ビジョンや目的を明確に!

「なぜコミュニティを立ち上げるのか?」→目的を具体的にもっている事、
「どんなコミュニティにしていきたいのか?」→自身が求めている姿ビジョンを明確にする事、
「どんな取り組みをしていくのか」→ざっくりでもワクワクするような事を整理しておくと良いでしょう。

特に想いは持ち続けるべきだと思います。ビジョンや想いに共感して人が集まって来てくださると思うので、そこはブレずにもち続けていきましょう。

②交流できる仕組みを作ろう

メンバー同士が交流できるように働きかけたり配慮したりすることが大切です。

ただ手を出しすぎるとN Gです。おせっかいになってしまい育ちにくいです。イベントなどを開催しメンバー同士が気軽に交流できる環境を用意しましょう。定期的にコミュニケーションを取れる場を用意し、コミュニティの熱量を高めていけるようにしていくと良いです。

コミュニケーションを取る中でアイデアが生まれ、自発的に動くメンバーも出てくるかもしれませんね。

③新規入会しやすい工夫を!

開設時からいるメンバーだけで盛り上がっていると、当然ですが新規メンバーは入りづらく参加率や離脱率を高めてしまうでしょう。

コミュニティの中にすんなり入っていけるような配慮が大切です。既存のメンバーとコミュニケーションがとりやすい仕組みを構築していくことが大事になってくるでしょう。

例えば私が入会している起業コミュニティCrazyStoriesですと、自己紹介の場が設けられていたりオフラインのイベント時に紹介してくれたり既存の仲間も積極的に交流してくれたりと入り込みやすい雰囲気や仕組みが出来ています。

 

コミュニティ運営で気をつけるべき事

community

①置いてきぼり

熱量のあげすぎには注意です。

上記で伝えたようにコミュニティの熱量を上げていくことは大切なのですが、運営側が熱量を上げすぎてしまいメンバーを置いてきぼりにする事は避けましょう。

熱量は高く持ちつつもメンバーの意見や声をよく訊いて取り入れたり、メンバーの姿からブラッシュアップしていったりする事が大切です。

②リソース不足

コミュニティを作成する方法は沢山あり、手軽に始めることが可能ですが、立ち上げ後も多少なりとも管理や運営には時間がかかります。

メンバーへの連絡やイベントの企画準備実行、定期的な書き込みなど、行き届かなくなってはならないですよね。

リソース不足になると自発的に行動するメンバーはガクンと減ることが予測されますし、何なら辞める方も出てくるでしょう。

③敷居が低すぎる

敷居が低すぎるのもNG!限定性を持たせる事が大切です。

誰でも入会できるのではなく、限定性を持たせる事でコミュニティはより盛り上がるでしょう。

想いやビジョン、目標や価値観が似た仲間が集まる事でコミュニティはより盛り上がり熱量が高まっていくと思います。

 

コミュニティ運営に役立つツール

ツール

コーラム

https://coorum.jp

既存顧客の売上最大化を実現するコミュニティツールです。どちらかというと企業向けです。

「企業×顧客の繋がる場」の提供によって多くのファンが生まれLTVの最大化を実現します。カスタマーサクセスプラットフォームです。

commune(コミューン)

オールインワンの顧客コミュニティです。commmuneは、カスタマーサクセスに必要な顧客コミュニティをノーコードで構築。カスタマーサクセスに必要な機能が全て備わっているので、分析・コミュニケーション・最適なサポートが一つのプラットフォームで実現可能です。

https://commmune.jp

 

Slack(スラック)

Slackは活用している方も多いのではないでしょうか?

とても分かりやすく使いやすいツールです。Slackは後から入った方でもコミュニケーションの流れを追えたり、複数人でチャットのような形で会話をすることができます。また多機能との連携や検索機能もあるため効率よく活用することが可能です。

https://slack.com/intl/ja-jp/

LINE@(LINE公式アカウント)

LINE@も皆さんご存知かと思います。

こちらを使うとメッセージを一斉送信できる
リアルタイムで素早く情報を届けられる
開封率が高い、1対1のやりとりもできる、無料で活用できるなどのメリットがあります。

https://line.me/ja/

Facebook(フェイスブック)

Facebookは様々な機能がありますがその中の一つがFacebookグループです。

こちらはビジネスだけでなく、趣味や仕事、出身地など共通のテーマをもとにメンバーが集まり情報交換したりメンバー同士で交流できる機能です。こちらのグループ機能を使って始めるのはとても始めやすく良いかもしれませんね。

https://www.facebook.com

コミュニティビジネスの集客方法

集客

まずはターゲットを想定しましょう。1日どんな生活をしているのかイメージしてみます。そこでS N Sでの集客が良いのかまたはチラシやハガキなどの方が良いのかなど決めましょう。

直接集客する方法

ターゲット層のイベントやコミュニティの集まりがあるのであれば、そちらに参加して認知を深めるのが良いでしょう。

それが難しい場合はチラシをターゲット層がいそうな施設、地域に配ったり、お店に置いていただく方法もあります。ポスティングや配布、広告などの手段もあるでしょう。

また、セミナーやイベントを開催する方法も良いかもしれませんね。

Webで集客する方法

SNSやブログ、HPやLPとWebマーケティングの知識をつけて集客するのもおすすめです。コロナの影響もあり社会情勢が変化し、リアルでのマーケティングよりもWebマーケティングの取り組みが増しています。

写真や動画で分かりやすく伝えられたり魅力を発信できるのがいい点かもしれません。webでの集客はまず認知を広めること、そして信頼関係を築くことが大切になります。意識して取り組んでみてください。

Webでもっと集客したい!集客がうまくいかないなど集客でお困りの方はCrazyStoriesに入会する事をおすすめします。CrazyStoriesではマーケティングについてみっちり学べる環境です。私自身もCrazyStoriesでマーケティングを学びSNSで集客ができています。

いざコミュニティ運営を始めてみよう!

いかがだったでしょうか?
コミュニティ運営について知識を身に付けられましたか?
私自身も世代間コミュニティを運営し始めて、まだ日が浅くメンバーは数十名しかいないですが日々学びながら取り組んでいます。最初は集客が少し不安でしたが、CrazyStoriesでマーケティングを学び実践してきた事でSNSのみで集客でき、今は参加者からの口コミでも来てくれるようになりました。これからもっとメンバーの信頼関係を築いていき新たなメンバーも増やしコミュニティを盛り上げていきたいと思っています。

あなたはどんなコミュニティを運営していきたいですか?これを読んで一歩踏み出せそうですか?

もしもこれを読んでも不安だよ、、、。
どうしたらいいかわからないよ。
手助けしてほしい。という方はCrazyStoriesでお待ちしています。

CrazyStoriesには沢山の仲間がおり背中を押してくれたり、起業に関する全ての事を学べる環境があります。

お待ちしております。

https://incubators-market.com/entry/

自分史上最高に出会える熱狂を生む居場所
無料体験レッスン受付中

無料体験レッスン受付中

「今のままじゃダメだと思うけど何から始めたらいいか分からない」
「興味あることが沢山あって、迷ってしまう」


やりたいことが見つからない方
何かやりたいけど見つからない方へ。

Crazy Storiesはあなたが史上最高の自分になれるお手伝いをする環境です。
15以上のコースが受講し放題で、今の時代に求められるスキル形成や、自分らしい働き方を実現するための次世代型キャリアアップを実現しませんか?

オンライン、オフライン開催の参加費無料体験会と、
公式LINE限定の入門テキストを公開しています!
Crazy Storiesを最大限活用して、自分のやりたい事やこれだ!と思えることを見つけてみませんか。

まずはCrazy Stories公式HPまたは、Crazy Stories公式LINEをご覧ください

LINEを追加して
テキストを受け取る
Crazy Storiesを詳しく知る

カテゴリー

投稿者一覧

阿部 真也 記事一覧
新井杏奈 記事一覧
小林 亮一 記事一覧
あやぱんつ 記事一覧
牛山 善椰 記事一覧
久後 諒平 記事一覧
eryo0704@gmail.com 記事一覧
西川 英臣 記事一覧
fujiyama980421@gmail.com 記事一覧
稲森寛幸 記事一覧
利川 記事一覧
ごつお 記事一覧
福島 記事一覧
岩田 嗣寛 記事一覧
松永 和真 記事一覧
中根実希 記事一覧
広瀬 遥 記事一覧
藤井雅斗 記事一覧
ミゲル松田 記事一覧
Miyaoka 記事一覧
森 寿一 記事一覧
小川 力弥 記事一覧
榊貫太 記事一覧
sekando112904@gmail.com 記事一覧
佐々木翔太 記事一覧
板原修一 記事一覧
田川龍也 記事一覧
朝日 悠太 記事一覧
寺西悠 記事一覧

この記事をシェアする

topへ